2007年09月29日

わたしの師匠

 930-1.jpg





バムセの飛び出し防止に、と部屋の入り口に設置したアミアミです。





 930-2.jpg






確実に飛び越えられる高さなのですがバムセは絶対飛び越えません。

反復横飛び、もしくは垂直飛びを披露し

「だして!だして!だして!だして!」

「はやく!はやく!はやく!はやく!」

と、自己主張するのみで自ら行動を起こそうとは思わないようです。





 930-3.jpg






時々低い声で唸ってみたり、猫の様な奇声を発したり

吠えて騒いでみたりと、一応は『有言無実行』なのかな?



これは、何もこの出入口のアミアミに限った事ではありません。

おもちゃBOXに入ってるぬいぐるみや

ほんの数十センチの高さの台の上にあるガム等等。

人の手を借りなくとも確実に自分で取れるはずなのですが

“標的の前で座り込み、奇声を発しアピール”という技を使い

いちいち私やパパにお伺いを立て、私達に取らせます。







 930-4.jpg






こんなバムセの奥ゆかしい姿を見る度





「好きだ〜!!バムセ!」



と、大声で叫びバムセを抱きしめたくなってしまいます。

台の上にある物を悪戯したバムセを叱る、なんて事は

これまでに一度も無かったのですが、バムセはきっと

誰に教わるわけでも無く学び、見に付けたのでしょう。



“過ぎたるは及ばざるが如し”


出すぎた真似は、気の利かなさよりも見るに耐えませんからね。

バムセは素晴らしい大和撫子犬なのです。







 930-5.jpg






そんなバムセの奥ゆかしい振る舞いを私も、と思ったのは昨日のこと。




ホームセンターに隣接するペットショップへ行ったのですが

何とそこではミニピンが7匹にイタグレが6匹、そして更には

サルーキーが販売されていたのです。

どうやら期間限定で販売業者が場所を借りて入っている模様。


何の気なしに店内へ入ったハズが、大興奮してしまい

ゲージの前を飛び回ってしまいました。抱っこまでしちゃった・・。




むくむくと芽生えるは

“バムセに妹を!!!!”


パパをこの店にさり気なく連れて行き

「可愛いなー。」「バムセと仲良くなれそうだなー。」

と、これまたさり気なく要求をアピールすればパパも感じるはず。





「好きだー!!りえー!」





と。そして購入。へへっ・・・

10月の2日まで販売してる、との事なので機会を伺ってます。






 930-6.jpg





バムセの振る舞いを真似てるはずなのに

同じ「有言無実行」を実践するだけなのに

私がすると“姑息な手”と感じてしまうのは何故でしょう?

「奥ゆかしい」という言葉ではなく

「他力本願」という言葉がよぎるのは・・・何故・・・・?






 ☆ランキング参加中☆


 サルーキーが24万円もしてビックリ!
  しかも、もう4ヶ月の子なのに〜!!
    「知らなかったわ!」って人も
      「サルーキーは高いのよ!知ってるわ!!」って人も↓
                  
                  にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

ニックネーム りえ at 16:45| Comment(20) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

雨の日と金曜日は

ここ最近、古い映画をDVDで借りて観ています。

過去に観た事がある作品も、まだお目に掛かった事の無い作品も

“名作”と言われるものは今後も片っ端から観て行く予定です。


きっかけは単純すぎて我ながら笑ってしまうのですが

近所でおしゃべりに勤しむムクドリ達。

以前は見掛ける事が無かったのですが、いつの間にやら近所に

集うようになり、私の帰宅ルートに並んで植えてある木の上で

せわしなく会話する姿を毎日披露してくれるようになりました。


その様子が、何だかちょっと面白いんです。

どの子達も周りの子達の声を煩がり、自分達の会話が聞き取れ無くて

どんどんボリュームを上げているかのよう。

ちょっとイラ立ちムキになってるような、それでいて楽しげな。



ともかく、そんなムクドリの姿を見て思い出したのが

20年近くも前に父に見せられたヒッチコックの“鳥”でした。

これは、おそらく私が初めて観た映画なのですが

鳥の群集が、ある日突然人間を襲い出すというパニック・ホラー。

当時の私にはかなりショッキングな内容の映画で、眠れなくなったのを

今でも鮮明に覚えています。寝室のある2階へと私を促す父と

恐怖に震え何度も背後を振り返りながら階段を登る子供の私。

しかし、これだけの恐怖を与えたこの作品ですが、不思議な事に

その後20年間ずっと変わる事無く、私にとっては

“過去・最高といえる作品”というスペシャルな存在でした。

初めて観た映画、という事もあるのでしょう。

内容がうる覚えだとしても思い入れが格別なのです。





 928-2.jpg





そして“スペシャルな存在”だからこそ、その後の20年間は

一度も観返す事がありませんでした。

矛盾しているようなのですが・・・

子供の頃に受けた感動をそのままの形でずっと残しておきたかった。

『もし、ガッカリしたら・・・?』

そんな不安がよぎり、レンタルビデオ屋さんで手に取っては戻し。




20年間の封印を解く、なんて大袈裟な表現ですが

それに近い気持ちで鑑賞中は終始ドキドキしっ放しの私でした。

感想は、というと『観て良かった』。

子供の頃にはただただ“恐怖”としか感じられなかった作品ですが

今回観返した事で色々と発見する事が出来ました。

色使いだとか、登場人物の魅力だとか、人間模様、だとか。

一番驚いたのは色彩の多さです。

記憶の中ではモノクロに近かったのですが実は色鮮やかな美しい映画。

記憶ってあいまいだなぁと苦笑してしまいました。






その後、この“感動の再会”で熱っぽくなった私は

“気狂いピエロ”、“カッコーの巣の上で”、“ひまわり”

と、更なる感動を求め次から次へと借りてきました。

バムセが寝静まった夜更けの新しい楽しみ方。


“古きをたずねて今を知る”

何だかすごく新鮮でお勧めです。








今日は雨。

単純すぎる理由でまたしても我ながら笑っちゃいますが

今夜の獲物は“雨に唄えば”かなぁ。

歌なら・・・と付けたタイトルはちょっと強引でした☆








 928-1.jpg





 ☆ランキング参加中☆
  長々と読んで頂いてありがとうございます↓
        にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
  お勧めの1本ありましたら教えてください♪
ニックネーム りえ at 16:43| Comment(12) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

流行に乗りたい


一昨日、パパの陽気な歌声で目覚めたわたし。

曲は今巷で流行ってるらしい“お尻かじり虫”の曲でした。


歌詞もまともに覚えて居ないのにハミングでごまかしつつ

爽やかな朝を演出する小迷惑な男・・・。




『うるせー!まだ寝かせろっ!!』





 927-1.jpg







で、昨日はバムセが一心不乱に尻尾&ケツノアナを舐め舐め。

痒いのか時々歯でカリカリカリカリ・・・


何度止めても続けます。






お尻かじり虫の曲・・そしてバムセのこの行動。

皆で何さ!お尻、お尻って・・・。




お尻がかじれるのか?と疑問に思った私は検証してみることに。



身体を丸めアクロバティックな体勢でいざお尻っ!!!

イメージはだんご虫でっっ!!!!






 927-3.jpg







背中がピシッと音をたてたよ。


お尻かじり虫を私がかじってやりたい・・・。









 ☆ランキング参加中☆

  背中と首肩に違和感が残る私にポチを↓

         にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

ニックネーム りえ at 17:30| Comment(10) | Happening! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

thirty years old

連休初日、9月22日はパパの30回目のお誕生日でした。





 922-3.jpg





あいにく、パパは3日間フルに仕事だったので盛大に祝う事も

お出掛けする事も出来ず、せめてものお祝いに・・と

22日の夜は2人でdinnerへ。

お腹イッパイ食べ、体中を焼肉臭くして家へと帰宅しました。






 922-1.jpg






さて。

ブログにも度々登場している我が家のパパさん。

“minipin☆BAM”には欠かせない準主役的存在の彼ですが

今日はせっかくなので彼についてちょっと触れたいと思います。




バムセを迎えてからもうすぐ1年が経とうとしています。

この1年はバムセや私、彼にとってかけがえの無い1年でしたが

同時に彼を良く“知る”為の貴重な1年だったと思うのです。







 922-2.jpg







もし、彼の協力が無ければ・・・と思うとバムセとの生活は

考えられません。大袈裟でも何でもなく。


トイレシーツの交換、給餌、散歩、等の細々したバムセの世話はもちろん

料理や掃除や洗濯等の家事全般も率先して協力してくれるパパ。

労働時間は遥かに私より長いのに

家の事にさえも私以上に素早く目が行き届くパパ。


ある時は、いつの間にかハウスの中が掃除され

ある時は、いつの間にか洗濯機がまわり

またある時は、バムセの診察が終わり待合室に出ると

退社後急いで病院に到着したパパがそこに居ました。


彼のきめ細やかさや日々の生活に対する協力的な姿勢は

しばしば私の尊敬の対象でした。


振り返ると“あの時は助かったなぁ”“心強かったなぁ”と。

バムセを通して彼の色々な面が前より少し、見えた気がします。




ありがとう、と。

そして

これからも尊敬され続けてください、とこの場をお借りして。





 

 922-4.jpg







『30歳という節目だし誕生日には手紙でも書こう!』

感謝の気持ちを伝えるべく、便箋と封筒を買いましたが

いざ紙を目の前にすると何を書いて良いかサッパリ思いつかず

結局は使わず終いでそれらは片付けられてしまいました。


“来年は使えるといいな〜”“感謝の気持ちを時には伝えなきゃ”

そうは思いますが私は酉年。



“封筒&便箋の存在も感謝の気持ちも3歩歩いて忘れちゃったら

この記事読んで思い出そう!”

パパのきめ細やかさを尊敬してる割に見習いきれてない

blogをメモ帳代わりに使うズボラな私でした。






 ☆ランキング参加中☆

  我が家のパパに『オメデト』のポチを〜↓

           にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ



ニックネーム りえ at 17:00| Comment(18) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

正しい秋のススメ

 921-1.jpg











 921-2.jpg










 
 921-3.jpg 











 921-4.jpg











 921-5.jpg













 921-6.jpg











 921-7.jpg









漫画本読みながらポテチつまむ様な感覚・・・?

ちょっと気持ち分かる様な・・分かっちゃイケナイ様な・・顔(汗)







 ☆ランキング参加中☆

  『漫画にはお菓子が必須!』って方も
   『お菓子のカスが本に挟まるから嫌よ!』って方もポチ↓

          にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
        
ニックネーム りえ at 11:28| Comment(24) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

シーハー

二足立歩行をマスターし、道具を使い、火を自在に操り・・

人類はこうして発達を遂げました。






そして遂にバムセも、です。

二足立歩行というステップを一段飛ばし“道具”段階へ。






ガムをね、噛んでいたんですよ。ええ。

柔らかめのガムでしてね。

それがどうやら右の奥歯に挟まったらしいんです。

挟まったガムが不愉快極まりないらしく

しきりに口をクッチャクチャさせ

頭を振ったり手で口元を擦ってみたりともがいてました。

“痒いとこに手が届かない”とは、まさにこんな状況なんだなーと

バムセをぼんやり眺めていたんですがね。

しばらくするとバムセはおもむろに立ち上がり

部屋に転がっている細く硬いガムをくわえたんです。





 920-1.jpg




バムセは普段硬いガムを好んで食べません。

このガムも与えられたので一応は齧ってみたものの

すぐに飽きて放置しておいた代物でした。


やっと食べてくれる気になったかーと、

一本あたりの単価を計算し¥100が無駄にならなかった事を安堵。

しかし、その安堵はすぐに裏切られてしまったんですねー。


バムセはその細く硬いガムを両手で器用に持つと

右奥歯目掛けて突っ込み・・・シーハー・・。

角度を変え、奥行きを計算し、と微妙な調節を何度か行い

ポロリ、と掻き出されたのは先程挟まった柔らかいガムでした。

そして小指の先程の大きさのそのガムを

『今度は挟まらないようにきをつけなくっちゃ!』

と口に含んでは出し、口に含んでは出し、と慎重に食べ進めるバムセ。


ごくん、と飲み込んだ後細く硬いガムに見向きもしなかったのは

言うまでもありませんね。彼女にとっては、あくまでも楊枝。





『1本100円の楊枝なんて贅沢ですね。 
    私はポッキーを箸代わりにしようかしらね。』

そんな悪態を付きつつも、内心バムセに近い将来追い越されそうだわ

と焦ってしまう箸使いが下手な私でした。







 920-2.jpg






 ☆ランキング参加中☆

  ポッキー派もプリッツ派もポチッと↓

        にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ


ニックネーム りえ at 17:15| Comment(17) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

KARUIZAWA

 
行ってきました!軽井沢!!
お天気にも恵まれたこの17日&18日は
以前から計画していた軽井沢へ1泊2日の小旅行でした。



  919-1.jpg

 919-3.jpg919-2.jpg

 919-4.jpg

 919-5.jpg



新潟から車を走らせること3時間弱。
最初の目的地であるDog Garden Cafeへ到着。

ここはあのDOGDEPTの系列店。
ウッドチップのランとカフェレストラン、そしてショップが併設されてる
わんこの為の施設です。まずは腹ごしらえに、と寄り道。
ポークソテーのランチと骨付きチキンのハーブソテーランチを完食なり〜。
床でステイしてお利口さん・・・に見えるバムセはガムのお陰です。

南軽井沢にあるこのお店。
流石は観光地!という雰囲気でした☆
日差しが強く、結構混んでいたのでランでは遊ばなかったけど
緑イッパイで気持ち良いテラスランチでした。





 919-6.jpg919-7.jpg

 919-8.jpg



次に立ち寄ったのは中軽井沢・ドッググッズショップQUNQUN
ショップの目の前がランになってるこのお店。
こじんまりとした可愛らしい芝生のランですがバムセには丁度いいサイズ。
きれいにお手入れも行き届いていてカフェメニューも注文できます。
この日は貸切だったのでラン内のテーブル席で優雅にコーヒータイム・・・
と、思いきや・・ランに落ちてる木の実をむさぼるバムセから
目が離せず『これ!おやめ!!』と追い掛け回すハメになり・・。
最終的にはリードで繋がれ、ランでさえ自由は許されないバムセでした☆






 919-10.jpg919-9.jpg

 919-11.jpg

 919-13.jpg919-12.jpg

 919-14.jpg




その後到着したのがこの日の宿泊施設です。
中軽井沢・コテージイン・ログキャビンさん。
写真右上がフロント&レストランスペースの母屋になり、この建物の奥へ進むと
何棟かコテージが設けられてます。夜はライトアップされ一つの街みたい!
そんなに大きな規模の施設では無いのですがちょっと感動☆

お部屋もユニット・バス、冷蔵庫、電子レンジ・・と一通り揃っていて
連泊するにも便利なとこだなぁと。
何より丸々一棟ってのが良いしチェックイン後はノータッチ!なので
とっても気楽でくつろげました。
別棟に用意されてる貸切風呂も広くてまた善し。
夜風に当り火照った身体を冷ましつつ部屋へ・・なんて最高です。

バムセも上手にトイレが出来てホッと一安心♪
夕食までの〜んびり過ごし近所を散歩し、と過ごしました。






 919-17.jpg919-16.jpg

 919-18.jpg919-15.jpg

 919-19.jpg



この日のディナーは旧軽井沢・川上庵にて。

このお店、麻布や青山にもお店を構えるお蕎麦屋さん。
店内にはJAZZが流れとってもモダンで雰囲気goodな店構えです。
テラス席はわんこ同伴OK!なこのお店。
“バムセじゃ敷居が高いかな・・”とちょっと不安でしたが
お行儀良いとは言い難いバムセにも優しく対応してくださり感謝。

お味の方はというと、これまたどれも美味。
鴨ロースのたたき、豚タン、牛スジ煮混み、天婦羅盛り合わせ、せいろ
最後の締めはクリームあんみつ!ご馳走様でしたぁ。

せっかくなんだから・・と宿を素泊まりにしたのは大正解。
夜の旧軽井沢を楽しみたくって車で10分、とアクセス良好な場所に
宿を取ったのも正解でした。この後は宿へと戻りゴロゴロ。







 919-20.jpg


 919-21.jpg

 919-22.jpg





翌朝、早起きしたパパは一人ゴルフ練習場へ。
たっぷり満喫しご満悦のパパの到着を待ちチェックアウトです。

この日のコースは旧軽井沢→アウトレットなり。
まずは旧軽井沢・paomさんでモーニングを食しませう。
厚切りトーストに手作りジャム、サラダにコーヒー、そしてプリン!!
バムセはカートの中で割りと良い子にしてました。
この日、初めてカートを使ったのですが結構気に入った模様。
旧軽井沢の街並みをブラつく時もカートの中から
『おらおら、どけどけ〜!!』と何だか得意気な表情(笑)
カートのお陰で快適な旅となりました。




で、最後はアウトレット・・ですが画像がナッシング・・。
一通りお店は見て回りましたがあいにく戦利品は私もパパも
それぞれ1アイテムずつ、という結果に終わりました。
しかもわんこ同伴OKな飲食店が発見出来ずハラペコ・・・・。
『だったら旧軽で美味しいものガッツリ食べとけば良かったなぁ』
そんな風に思いますが時すでに遅し、でした。



今回はバムセにとって2度目のお泊まり旅行。
バムセだけでなく私達もちょっとは旅慣れて前回よりぐんと
楽しむ余裕が持てるようになりました♪

ほんと、楽しかった。




 ☆ランキング参加中☆

  いつもポチポチありがとうございます!!
     ↓

  にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ





ニックネーム りえ at 16:33| Comment(18) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

ショートコント。

 915-1.jpg





 幽体離脱〜。 











備えすぎて憂いた。







 ☆ランキング参加中☆

 ↓ポチッとくれたら次はもっと良いネタ出すわ!!

にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ  
ニックネーム りえ at 16:38| Comment(28) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

黒紫の君

あら?バムセ・・・




 914-1.jpg









あらあら、こ・・これは・・・




 914-2.jpg








に〜あ〜うぅぅ〜っっ!!!

          (≧з≦)
キャーッ





 914-3.jpg
            デショ♪







いやぁ〜、昨日は注文していたハーネスが届きましてね。

バムセにとっては初・ハーネスなのですが

これが実に似合いすぎて・・・鼻血もんですよ!

“似合う”といっても・・・


色・柄が似合うってより“拘束されてる感”がたまらないんです!

『あたし、捕獲されました』的なお間抜けな佇まい。ウケる。

つまり、“似合わなくて似合う”という

いつかのサニタリーショーツにも似たこの現象。

あぁ・・どうしてバムセが装着するとこうなっちゃうんだろう・・。

しばらく見慣れるまではお散歩中にニヤけちゃいそうです。






だけどしっくり来ないのはバムセ以外にも原因がある様な気がします。

バムセのみならず私にとっても初なアイテムなので

どうも大きさの調整、装着位置がわからない・・・。

コレで良いの?

胴輪の位置はこんなもん??

じゃれるバムセと格闘しながらあれこれ調節してみたものの

やっぱりどうも自信が持てず結局昨日はカラーでお散歩させました・・。





 914-5.jpg





そもそも何故ハーネスか、というとそれはひとえに“スッポ抜け対策”。

走る車に攻撃を仕掛けるクセがなかなか直らないバムセですが

飛び出すのを制御すると暴れてその拍子にカラーが抜けそうに・・。

実際に何度か抜けちゃって慌てた事も。

引っ張りグセ、拾い食いの矯正を考えるとカラーの方が良い様な

気もしますがその前に私がお散歩恐怖症になりそうで・・。



あるHPにはこんな事が書かれていました。

『カラーかハーネスか悩む前に犬にリーダーウォークを躾ける事が先決です。』

確かに、リーダーウォークが完璧に身に付けば

カラーのデメリットである“気管への負担”はカバー出来るし

ハーネスのデメリットである“ひっぱりグセ”も気になりません。

でも・・『厳格な愛情』を持ってしてもリーダーウォークのトレーニング法である

首へのショック(犬が引っ張ったら思いっきりリードを引っ張り

ショックを与える。弱すぎると効果なし)は私には抵抗ありで・・。

ジェントルリーダーなんかもありますが使いこなす自身は、無い!



はぁ・・考えると止まりません。

リーダーウォーク・・何か良い索ありましたら情報くださいませ。

『私はコレで会社を辞めました』的な♪   古?





でもまぁ、それにしても・・・




 914-6.jpg





可愛いなぁ顔(メロメロ)





 ☆ランキング参加中☆

  ハーネスがどうも“おんぶ紐”に見えちゃうアナタも
   『なんだかSMちっくよねぇ』と思うあなたもポチ↓

                 にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

    私はどっっちもです。
   
 
ニックネーム りえ at 11:20| Comment(20) | 特訓! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

梨で黙らせる。

昨日の記事に抗議の電話が殺到した。




『バムセを馬鹿にするな!』

『バムセは“散歩”と“ごはん”を混同してないぞ!』

『“お医者さん”だって理解してる!大人しくなるもん!』

『俺だって、あれじゃあまるで馬鹿みたいじゃないか!』

等など。




913-1.jpg





彼はバムセと共に“被害者の会”を結成し

名誉毀損で訴訟を起こすかもしれない。

私にしてみれば寝耳に水、なのだが裁判沙汰は非常にマズイ。

このブログで長年培ってきた信用がガタ落ちだし

何より弁護士を雇う金は無い。ペットカートを買ったばかりなので。

異議を申し立てるのも面倒なので謝罪の意を表明する事にした。





913-2.jpg




用意したのはパパが先日から食べたいと言っていた梨。

違約金、損害賠償金・・人は何かと金で解決しようとするが

私は安易に現金をばら撒く事はいかがなものか、と思う。

太古の昔、人々は物々交換で生計を立てていた。

私はそんな彼らのやり方に感銘を受ける。

現金は現金でしか無いが、物は時にその物以上に価値が付く。






913-3.jpg





『訴えてやる!』と憤慨する龍ちゃん・・いや、パパに

剥いてあげた梨をそっと差し出した。




ある意味“たらかす”とも取れるこの原始的な行為だが

パパには難なく通用したようだ。

もちろん、この件での一番の被害者バムセの口にも梨は運ばれた。

私の謝罪の意は大玉の梨2玉で汲んで貰え

めでたく和解成立したのである。





913-4.jpg





しかし、パパはまだ気付いていないだろう。

共に“被害者の会”を結成したにも関わらず

梨をほんの少ししか貰えなかったバムセが

『わたしは利用されたんだわ』と気付き

動物愛護法違反でパパを訴えようとしている事を・・・。

必死に分け前をせがむバムセを制し

今回の戦利品の9割を懐にしまい込むパパ。

もはや、弁明の余地は無い。





 ☆ランキング参加中☆

  結局、夜中に梨を吐いてしまったバムセ・・。
    与えすぎたかな?と後悔する私にポチを↓

                 にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ





ニックネーム りえ at 12:33| Comment(10) | Happening! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

サプライズ!

今朝のこと。


“今日のわんこ”を見るよう、パパに言われたわたしは

『なに?ミニピンが出るの?』と、CM中のTV画面に目をやりました。


すると『何でそんな事言うの?!』とプリプリ怒り出すパパ。

話を聞けば、どうやらわたしを驚かせたかったらしいのです。

『わぁ!ミニピンだぁ!!』という具合に。

先回りされた事が面白くなかったパパさん。


それでもCMが終わり“今日のわんこ”でブラック・タンのミニピンchanが

すいすいとプールで泳ぐ様子が映れば、目は画面に釘付け。

『もう一回流してくれないかなぁ。』なんて上機嫌に戻りましたが。




 912-1.jpg





パパの『驚いて欲しかった』という勝手極まりない言い分に

あぁ、次回は上手に“そう来たかー!”という演技をしてやろう

と、眠い目を擦りながら思いました。舌打ち交じりで・・。




“そう来たかー!”を得意とするのは、我が家ではバムセです。

もっとも、良い意味での“そう来たかー!”では無くて

“話が違うっ!!”という表現に近い気がしますが・・・。





 912-2.jpg




わたしはしばしばバムセに話しかけます。

一日をどんな風に過ごしていたか訊ねたり

次の旅行の計画を相談したり、読み終わった小説を勧めてみたり

借りてきたDVDを返しに行くのが面倒くさいとグチったり。

バムセは聞き上手なのでそんな私の話をじっと聞いてくれます。

相槌を打ってみたり、時に小首を傾げてみたり。

大抵、“ふ〜ん”とか“へぇ〜”といった無関心とも取れる相槌で

もっと上手な相槌を取れるようになれば完璧なのにな、と

ちょっとだけバムセの相槌下手を残念に思ったりもしますが

バムセに関心を持って貰える様な話が出来ないので仕方ないのです。

とにかく、腹心の友なので何でも話します。




しかし、バムセとの会話にはNGワードたるものが存在し

会話の語尾に『?』を付けるのだけは避けなければなりません。




どういう事か、というと・・・・




バムセにとって至福の時間はごはんとおやつを食す時なのですが

わたし達はバムセがピョンピョン飛び跳ねて喜ぶ様子を見るのが楽しくて

必ず『ごはん食べる?』『おやつ食べる?』と、確認していました。

なので、彼女の中では一つの法則が出来上がってしまったのです。


 『・・・・・〜?』=食べ物    と。





 912-3.jpg





NGワードと分かってはいても、ついうっかり口にしてしまいます。

『いいこにしてた?』『お座りちゃんとしてる?』などと。

しまった!と思いますが、時すでに遅し。

バムセの目はキラーンと輝き、最高にカッコイイお座りをビシッと決め

“ハイ、いいこです!”と何とも堂々たる態度。

そして挙句の果てに、そんな時は決まって舌なめずりもしてくれます。


『散歩いく?』も『お風呂入る?』も『お医者さんいく?』も

どれもこれもヒアリング能力が極端に低いバムにとっては・・・

“食”ただひとつ。



『そうか〜・・いいこにしてたんだね。偉いね。』

読みかけの本にすぐさま視線を戻せばお決まりの抗議です。

“ちょっと!話が違うぢゃないっ!!”

“期待させといて何よ!”

全身全霊でお得意のバム・アタック攻撃を仕掛け、しかもしつこい。





 

 912-4.jpg





『驚いて欲しかった』『リアクションが薄い』

そんな風に文句を言うなら、わたしに求めずバムセに求めなさい。

彼女なら外人並のオーバーリアクションでパパの要求を満たしてくれるでしょう。

ただし、語尾に『?』は忘れずに・・・・


そんな風に思うわたしでした。





 ☆ランキング参加中☆

  驚かすのが好きなひとも
   驚かされるのが好きなひともポチっ↓

             にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ




ニックネーム りえ at 14:28| Comment(14) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

備えすぎて時に憂う

昨日のこと。

バムセ用に、と注文しておいたカートが到着しました。



 
      911-1.jpg

     911-2.jpg




『いざって時の為に・・』と呟きながら楽天を徘徊し


1.デザインが良いこと

2・日よけが付いてること

3・値段もほどほどであること


の最低条件をクリアーしてくれるカートを探しまくりました。



で、悩むに悩んでようやく決定したのが↑のカート。


“小型犬なら4匹乗せられます”=“無駄にデカイ”

というデメリットは

“大は小を兼ねる”という都合の良い言葉で解釈し、購入。



“いざって時”はいつだろう・・?

という自分自身への疑問も

『“いざって時”が何時か分かればそれは“いざって時”では無い』

と説得力がある様で無いような微妙な言葉で丸め込みました。




 911-3.jpg




楽天徘徊中に発見した文字。

『あなたはゴールド会員です』



この時知ったのですが楽天市場ではショッピング額に応じて

レギュラー会員、シルバー会員、ゴールド会員、プラチナ会員と

グレード別けされ、それぞれ特典も変わってくるらしいのです。



バムセを迎えてからというもの、すっかり楽天さんの

お世話になっている私。送料無料にすべく、必要なものは

ほとんど楽天で注文するようにしていました。




 911-4.jpg




『ゴールド会員』という文字が気になり調べてみると・・・



ゴールド会員とは半年間で700ポイント獲得するのが条件だそうです。

楽天では買い物するとその品物の金額の1%がポイントとして貰え

1ポイント=1円 として次回以降の買い物に使えるようなのです。


ゴールド会員=半年で700ポイント=半年で7万円買い物した人


『私って7万円も使ってたんだぁ・・』とぼやきつつも

『まぁ消耗品やら何やら買ってるし、仕方ないか』と。



あれ・・・?でも・・・。




 911-5.jpg





今回カート購入時、貯まっていた全てのポイントを使った私。


値引きに使ったポイント額、なんと




¥1800−





つまり、どういう事か分かりますね?

私の目玉が飛び出そうになったのも想像つきますよね?



自分がどの程度浪費したか、を考えると恐ろしくて

過去のショッピング履歴を確認出来なかった私。

こんな形でその事実を知ってしまい、しかもそれは予想以上。


こうなってしまうと

『あれは必要だったの?』『これは買わなくて良かったんじゃ・・』

と、備えすぎた事を憂いてみたりするのです。






『プラチナ会員はお断りします。』

そう思いつつも次のターゲットを探す懲りない私でした・・。





 ☆ランキング参加中☆

  『届くまでが楽しいのよね〜』って方も
   『届くまでイラつくわ!』って方もポチッと↓

  にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

  







ニックネーム りえ at 09:44| Comment(30) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

☆祝・11ヶ月☆

 97-1.jpg 






今日はバムセが生まれて丁度11ヶ月目。





先日、バムセにハーネスを注文すべく久々に体中を採寸し

病院で体重も計測してきたので数ヶ月前のバムセと比較してみた。





     《生後8ヶ月》   《生後11ヶ月》


●体重    3.4s       3.7s


●体長    29cm        33cm


●首周り   25cm        25cm


●胴周り   39cm        40cm
 (太)

●胴回り   ?cm        30cm
 (細)







 97-2.jpg





以前ほどの急成長は見られないにせよ、まだストップはしていないらしい。

数字で確認すればその成長ぶりにも気付けるが

毎日一緒に居るとどうもよく分からないものだ。


わたしは元々わりとぼんやりしていて観察力に乏しい性質なので

爪やヒゲの伸び具合もパパに指摘されるまで気付かない事が多い。

言われて初めて“あぁ、いつの間に”と驚くのだ。

バムセの生理が始まった時も終わった時も明確には分からない。



考えてみるとそれはバムセに関する事のみならず至る所で感じている。

桜が散り終わった時、紅葉が始まった時

“旬の味”として秋刀魚がスーパーに並んだ時etc・・・

“いつの間に?”と毎度毎度、首を傾げてしまうのだ。

桃や梨が店頭に並ばなくなって初めて出遅れたと気付き

“それならそうと早く言ってよー”とガッカリする。





 97-3.jpg





でもきっとこれはわたしの観察力不足だけが原因では無いのだ。

明確な“始まり”と“終わり”を持たない物事が

世の中には多すぎるんだろうな、と思う。

朝も夜も夕方も、雨の降り始めもコーラの炭酸が抜け始める時も

風邪引いてガラガラだった声が治る時も

わたしの前髪やバムの手足が伸び始めるのだって

誰かが『今からスタートします』『終了しました』と

宣言してくれない限り境界線は酷くぼんやりしている。

だからきっと“いつの間に?”と思っても仕方ないのだろう。

わたしだけに原因があるわけでは無いのでガッカリする必要は

無いのだが、何だか貴重な瞬間を逃しているようで少しくやしい。

序々に変化してる、と思わせておいて実は・・・・

つくしや、わたしの前髪や、バムの尻尾がわたしの目を盗んで

ある夜にょきっと伸びるているのかも知れない。

“いつの間に?”と目を丸くするわたしを見て

“してやったり。”とほくそ笑むバムセやつくしを想像すると

毎晩メジャー片手に追い回したくなってしまうのだ。






 97-4.jpg






ともあれ。

わたしも“いつの間に?”と思わせてる側の一人だったりする。

パパと出逢ってから日々増量するわたしの体重に

パパも“いつの間に?”と首を傾げているのだ。



“詐欺だー!!”と、この先激怒されたくなければ

毎晩メジャー片手にバムを追い回すのでは無く

そのメジャーで自分の身体を採寸したほうがいいのかも知れない・・・。





 97-5.jpg





ちなみに。

NEWメジャーが嬉しくってパパの身体も測ってみました。




    《生後約30年》


●身長  179cm

●体重  67s

●バスト  87cm

●ウェスト  77cm




『俺は脚が長いんだ!』と主張するので実際に測ってみたところ

腰骨から床まで本当に1mあり、驚きました。

でもお腹がポコっとしてるのでそちらの方が驚きでした。

バムセに念願の妹が出来るのかもしれませんね。



祈・安産!






 ☆ランキング参加中です☆

  いつの間にやら年を重ねたあなたも
   いつの間にやら増量しちゃうあなたもポチリ↓

            にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ   








ニックネーム りえ at 15:25| Comment(26) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

可愛いふたり


 96-1.jpg



 96-3.jpg




 96-4.jpg



 96-5.jpg



 96-6.jpg






トイプードルもいいよね、と何気なく言ったわたしの言葉は

パパにピシャリと却下されてしまった。

理由を聞いて思わず噴出すわたし。

なんでも

『あの子はフワフワで暖かいのに何でバムは寒いの?』

とバムセが哀しがるから、だそうだ。

もしトイプードルを妹にお迎えしたら

ツルツルのバムセが可哀想だ、とパパは主張する。



おもちゃを散らかし放題なバムセと

『バムセが可哀想だよ!』とすっとんきょうな発言をするパパ。

2人を見比べると思わずニヤいてしまう。




まったく、わたしを飽きさせないニクイ2人なのです。







 ☆ランキング参加中☆

   本当に哀しそうな表情で必死に訴えるパパにポチっと↓
               
                    にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
  


ニックネーム りえ at 17:28| Comment(14) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

実は

外出時、トイレが出来ない神経質バムセ。

これはマズイなぁ・・・と思ってた矢先、ついになっちゃいました。






  膀胱炎

















・・・・パパが。


  (注)ホッとしたあなた!極悪ですよっ!!!




 94-1.jpg





以前ある小説で読んだ物語。

『おばあちゃんが息を引き取る際に孫の喘息を持っていった』

という、ちょっと素敵なお話を思い出しました。







パパ、持ってってくれてありがとう!!





ついでにバムセの癲癇と私の肩こりも持ってってくれると

大いに助かるのですが・・・。







 94-2.jpg





と、くだらない前置き・・・のつもりで書きましたが

今日は時間が無いのでこれにて終了。

前置きが本文になってしまいましたー。あははー。




ちなみに膀胱炎が悪化して尿道炎です♪

先週はものもらいが悪化して下まぶた切開してました♪♪

昨晩は就寝中、バムにゲロを浴びせられてました♪♪♪





ブログネタをありがとう!!!







         完





 ☆ランキング参加してます☆
  
  今日もポチっとお願いします〜↓
          にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ  



ニックネーム りえ at 17:34| Comment(30) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

秋の夜長

“食欲の秋”“芸術の秋”“スポーツの秋”

秋には色んな楽しみ方があり、その楽しみ方も人それぞれ。

この一週間、わたしとバムは思い思いに“秋の夜長”を堪能した。



わたしは“芸術の秋”を。

バムセは“スポーツの秋”を、だ。



わたしの場合、きっかけは1冊の小説だった。

毎回そうなのだが『これは!』という素晴らしい本に巡り合うと

その後しばらくは何日も何日もむさぼるように本を読む。



今回も同じようないきさつで読書魂に火がついてしまい

『ブログ更新しないの?!』という熱狂的ファン(パパ)の言葉も

『書くキブンじゃなくて、今は読むキブンなの。』という言葉で制し

ただひたすらに本を読み、時々休憩と称してDVDを鑑賞したりしていた。






 824-1.jpg






バムセは、というと

わたしが何気なく始めた遊び、“宝探しごっこ”にハマってしまい

その遊びを繰り返すうちに、日々遊び方をグレードアップさせた。




当初はピーピー鳴るおもちゃを毛布の下で鳴らしたり後ろ手に持って

鳴らしたりしてバムセに探させて遊んでいたのだが

何度か繰り返すうちにすぐに見つかるようになってしまった。

“こんなの、どうせここにあるんでしょ”と。



そこでわたしは両手、時には足までも使い

バムセが毛布に潜った隙におもちゃを持ち替えたり足で蹴ったりと

ちょっとした“ズル”を交えつつバムセとの遊びに高じる様になった。

難易度があがり、ますますムキになるバムセ。

“あれ?!さっきはここから音がしてたのに!!”

と辺りをキョロキョロ伺う様子がたまらなく愛おしい。


しばらくの間わたしはバムセが手の平で転がってる感を満喫し

バムセは難易度のあがった“宝探しごっこ”にご満悦だった。







 824-2.jpg





しかし、ある時わたしはある致命的なミスをしてしまい

そのミスから状況が一変してしまう事となった。

バムセに“ズル”が見つかってしまったのだ。




その日もいつもの様に遊びを始めたわたし達。

でもわたしはちょっと油断していたかも知れない。

“バムセには見つかりっこないよ”と。



バムセが左手のおもちゃに誘われ毛布の中に潜っていく。

付けっ放しにしていたTV画面に視線を移しつつ

左手のおもちゃを毛布の外で右手にこっそり持ち替えるわたし。


視線をバムセに戻した瞬間、わたしが見たものは

“あっ!ズルしてるっ!!”という表情のバムセ。



そして次の瞬間、今までとはうって変わって

激しさを増した動きでおもちゃに飛びついてきた。

“かして!かして!かして!かして!”

“ズルイよ!ズルイよ!ズルイよ!”

と、わたしの右手を必死にカリカリしておもちゃを奪う。







 824-3.jpg






この日を堺にバムセは何だか挑戦的になり

“宝探しごっこ”という可愛らしい遊びが“宝探しバトル”という

ちょっとしたサバイバル的な遊びになってしまった。

バムセは“どんなズルされても一瞬で見つけてやる!”と息巻き

わたしもそんなバムセの俊敏な動きに対抗しようと必死なのだ。


その場を動く事なく遊べた楽ちん極まりない遊びだったのに

今は息つく暇さえ無く、スポーツの域に達してしまった。







 824-4.jpg





『今日はのんびり過ごそうね』

いよいよ疲れ果てたわたしは昨日、一昨日とバムセに提案するが

“今日も遊ぶの!”とバムセの催促はしつこく続いた。

TVに目をやればタックルするし、本を開けば目の前で伏せてうなる。


遊びがエスカレートして半ばヤケクソ気味で自分が毛布に隠れたり

おもちゃを投げたり、と遊びを変化させるわたしはバムセにとって

格好の遊び相手なのだろう。パパで無くわたし、なのだ。


『いつか怪我するからやめなさい』

『ボールは部屋で投げちゃダメっ!!』

そんなパパの言葉に訳知り顔で頷きつつも右手ではこっそり

バムセと遊んでたりする。バムセはそれを知っているのだ。






 824-4.jpg 





今夜はパパが泊まりでゴルフ。

監督者の居ない子供たちは2人でどんな秋の夜長を過ごすだろう?

おもちゃを散らかし、ここぞとばかりにお菓子を食べまくり

これでもか!という程に夜更かしにいそしむのは目に見えている。



唯一の救いはバムセが犬だ、という事かもしれない。

お菓子は一人分しか減らないし、レイトショーへも行けないし

カラオケで朝まで騒ぐ事も、深夜のガストで山盛りポテトフライも食べれない。

安全な家の中で過ごすしか無いのだ。




帰ったらバムセにパパの不在を伝えよう。

“たまには2人もいいかもね!”

そんな返事を予想している。




 ☆ランキング参加中☆

  無法地帯となりえる我が家に救いのポチを↓
             にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ



 
ニックネーム りえ at 16:34| Comment(14) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする