2007年06月08日

てんかんvsNEWドクター!!

先月、ドッグカフェで出逢ったブリーダーさんから
『癲癇なら○○病院が評判良し。』との情報を頂いた私達。
自宅から遠い事や診療時間等の関係でなかなか行けずにいたのですが
昨日はパパ、私共に時間が作れたのでバムセを連れ獣医さんの元へ。


これまでの経緯、血液検査の結果、現在内服しているお薬・・・・
一通り話を聞いて貰い、その後その先生の治療法や癲癇についての
説明を受けました。

先生曰く

●治療により、癲癇患者の25%は発作が収まり、50%は発作の
 頻度をコントロールし癲癇と上手に付き合う。残り25%は
 飼い主が四苦八苦する。

●『完治』を目的に治療を受けるのでは無く『発作の頻度を抑える』
 という目的で取り組んだ方が良い。
 なので薬は安全性の高いものを使用すべきだ。

●今後狂犬病、混合ワクチンは避けた方がよい。

●現在使っている薬『フェノバルビタール』より穏やかな薬を内服して
 様子を見た方が安全。




たっぷりお話をして頂き、こちらの話も親身になって聞いて貰えた。
その姿勢も有難かったし、何より治療法が私達の希望と一致。
今後こちらでお世話になる事に決めました。




68-1.jpg



比較的穏やかな『ゾニサミド』を処方して貰い、アロマオイルも!!
アロマオイルは発作が起きた時や神経が高ぶっている時犬の頭部へ
少量すり込んで使うと良い、との事でした。
話によると漢方薬も上手に使うというこの先生。
西洋医学、東洋医学のどちらも否定せず治療に役立てる、という
柔軟な発想。これも『お世話になろう』と決めた理由のひとつ。


オイルは犬用のティートリーオイルでした。
香りはマイルドで何かに希釈してあるようです。

けど何故ティートリー??
一般的に癲癇はティートリーを避けた方が良い、と言われています。
ただしティートリーは薬理効果が高く、更にショックやヒステリーには
有効とされています。その辺でチョイスされたのかな?
ちょっと詳しく調べてみなくては。



そして、驚いたのが病院の混み様。
待合室は患者さんでいっぱい。遠方から足を運ぶ人も居るそうです。

『遠いから電話で連絡取り合いながら治療進めましょう。』
と先生。




68-4.jpg



この日も採血して検査したのですが・・・残念ながら何度か失敗。
行き慣れ無い病院だったせいか妙にイキの良いバムセ。
ピチピチ跳ねて鮮度の良さを猛烈にアピールしちゃいまして・・
看護婦さんもこれには悪戦苦闘。
やっとのことで採血終了した頃には首、足を腫らしていたバムセ。
黄色い包帯のようなものをグルグル巻かれて無残なお姿・・・
バムセが暴れたのも原因だけど・・・・・・。
看護婦さんの腕にも問題があるような・・。
ここはちょっと残念な点でした。




68-3.jpg



で、残念な・・というかちょっと気になる事がもう一点。
血液検査の結果ですが数値的に引っ掛かる所がありました。
以前の病院で検査の対象外だった箇所も検査して貰ったのですが
正常値より高かったのがコレステロール。
獣医さんも首を傾げます。
『もしかしたら・・身体機能的にどこか異常があるかも。』
急を要さないようなので1ヵ月後もう一度検査してみるそうです。



ずっと考えてたセカンドオピニオン。
『他の先生の考えも聞いてみたいなー』と思ってましたが
今回足を運んで本当に良かった。



丁寧な診察に満足気な私達と疲労困憊のバムセは帰路につきました。






その夜。



 (り)バムセー、いいとこみつかってよかったね♪

68-6.jpg



 (り)けどあんた、イッパイおやつ貰えたじゃん。

68-7.jpg



 (り)わるいこだとまたチックンされるんだよ!

68-5.jpg



『しばらく腫れて痛がるかもです・・・』という看護婦さんの
予想に反して元気イッパイきかんぼちゃんでした♪




   かわいいおまけかわいい



68-2.jpg

  夏らしいリード達とUVカットシャツが届きました。
  



 ★ランキング参加中★
 粉薬が苦手なアナタも
  注射される時は思わずガン見!!なアナタもポチっと↓

 にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

ニックネーム りえ at 13:55| Comment(17) | お医者さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良いお医者さんが見つかってよかったですね。
やっぱり、獣医さんにも専門分野があるようで、
その道の、評判の良いお医者さんに、
見てもらうのが一番良いと思いますよ。

うちもクロのヘルニアの手術では、
かかりつけの獣医さんに紹介状を書いてもらい、
ヘルニア治療で評判の良いお医者さんに、
手術してもらいました。
そのおかげかどうか?
また、クロは歩けるようになって助かっています。

バムセちゃんは、その後どうですか?
良いお医者さんに巡り会って、
発作が収まる25%の中に入れるよう祈っています。
Posted by 火の玉小僧 at 2007年06月08日 14:40
りえさん、パパさん、バムセちゃん、お疲れ様でした。
良い病院が見つかってよかったですね。
良い病院というより、良い先生ですね。

癲癇についてはあまり詳しくないのですが、
完治は難しいものなのでしょうか。
もしそうだとしたら、どうしたら症状を最小限に
食い止めるか、それが大事ですよね。
そしてバムセちゃんに負担のかからない治療方法。
漢方、アロマオイル、即効性は無いかもしれませんが
安心できますよね。

ティーツリーオイルですか。
何だか「虫除け」というイメージが大きいですが
きっといろんな効能があるんでしょう。
ちょっとスパイシーでリラックス、というより
リフレッシュって感じですもんね。

我が家は今の所ヒキツケを起こしたことはありませんが
3歳4歳になってから癲癇を起こす子もいると聞きます。
安心はできませんよね。あずきもくるみも。
りえさんの記事、とても参考になります。
これからもいろいろと教えて下さい。
Posted by べべりん at 2007年06月08日 14:47
はるばる足を運んだ会があって、ほんとに良かったですね〜〜!
優しいブリーダーさんに出会え、専門的な知識を持ったお医者さんに出合えて、治療法や、お薬の事、これからのこともきちんとしてくださって、安心出来ますね。

ただ、大きな病院??だと人間でも同じように注射などは看護婦さんの手にゆだれられると。。。
私も注射の失敗何回もあるのでバムセちゃんの気持ちわかるな〜。
でも、帰ってきたら元気いっぱい。
ママとパパにとってそれが一番嬉しいね〜〜。
あとは、コレステロールの原因がわかれば!
バムセちゃん〜夏らしいファッションで、またお出かけしてね〜〜☆
Posted by みなみ at 2007年06月08日 21:33
良い病院、見つかってよかったね。
こちらの意思を分かってくれる病院なら安心だもんね。

バムセちゃん、採血、よく頑張ったね。
えらいぞぉぉ。

夏仕様のリード、めちゃめちゃ良い色ね。
かわいいぃぃ。
バムセちゃんの毛色に似合いそう!!
Posted by ちゅう at 2007年06月08日 22:20
わざわざ遠くまで足を延ばした甲斐がありましたね犬(笑)
セカンドオピニオン。
獣医学も日進月歩、どんなベテランでもすべての知識で完璧なんて難しいんでしょうね。
もしかしたらこの先も付き合っていかなければならないのなら納得した説明が聞きたいだろうし。
りえさんは癲癇に関しては普通の獣医師さんの診察では納得いかない位の知識はあるだろうし。

ウチのペルルもパテラなので手術をしようか、するなら何処で何時?
迷っています。

癲癇の名医、パテラの名医?とか専門分野
が分かれていればいいのに・・・。
ダメですかね?
Posted by ヒロトミ at 2007年06月09日 00:42
バムセちゃんの痛々しさにお尻がゾワ〜ッとしちゃいました。
ちっちゃい身体でよく頑張ったね、バムちゃん!
そして良心的で方針も合うお医者様に巡り会えただなんて、本当に良かったですね☆

けど、ティートゥリー!?
虫さんとウェンツは嫌がるけど・・・
うちではよくベルガモットオイルを焚きます。
アロマ屋さんで本人(ウェンツ)が選んだので^^
あとは、てんぱってる時やお留守番中など
モーツァルト流したりしていますよ!
癒し効果があるとかないとか・・・

Posted by ウェンママ at 2007年06月09日 02:08
う〜ん、参考になります。
同じ症状を持つpinにも。。。

明日お会いした時詳しく聞かせてください。
Posted by naopi at 2007年06月09日 11:45
バムセちゃんの症状が改善されるのはもちろんだけど、
インフォームドコンセントでお医者さんと納得のできる
お話ができることは大切なことですね。
ティートリーは癲癇には禁忌なんですねφ(.. )
我が家はこの時期、洗濯物のすすぎに使っています。
どの精油でも同じですが、犬(笑)には特に希釈をしっかりexclamation
学んだ精油です。
明日は色々お話できるといいですね。
パーティーではよろしくお願いしまーす黒ハート
Posted by dona at 2007年06月09日 17:53
to火の玉小僧さん


クロkunは紹介状書いてもらい他の先生に
手術して貰ったんですね!
やはり獣医さんも得意とする分野があるんですね。
今回お世話になった先生も癲癇について熱心に勉強
されているようでお薬も色々取り揃えてあしました。

まだこの先どうなるか分かりませんが先生を信じて
治療に取り組んで行こうと思います!!

そうそう、待合室でクロchanに似た
ダックスchanを見かけました犬(笑)
とっても大人しくて飼い主さんの顔をじーっと目
可愛かったですぴかぴか(新しい)
Posted by りえ at 2007年06月09日 22:00
TOべべりんさん


癲癇は『病気』というより『体質』みたいなものなのかな?
お医者さんも
『発作の頻度を月一に抑えれられれば・・』
と言ってましたし上手に付き合って行かなきゃだと思います。
今後もしかしたら一生薬を飲み続けて行かなきゃ
いけないかもなので、極力負担の少ない薬を
チョイスするのが大事なんだと思います★

癲癇の発作は生後数ヶ月〜3歳位で出ることが
多いらしいです。で、中にはその時期だけ出て治まる子も。
もちろん、大人になってから出始める子も居るんでしょうけど・・。

最近病院などでアロマが取り入れられてるという話は
よく聞きますが実際こうやって扱ってるのを見たのは
初めてでした。ティートリーは虫除けで有名ですが
神経系にも働きかけ抑鬱などにも効果があると
言われています。あとは、呼吸器系の不調や筋肉疲労などにも!
スッキリとした香りですが意外に情緒を落ち着けたりするんです。
ペパーミントも睡眠促進作用があると言われてますし
香りからのイメージとかけ離れた作用を有する精油は
多々あり、おもしろいですよねわーい(嬉しい顔)
Posted by りえ at 2007年06月09日 22:20
TOみなみさん

はい、本当に今回足を運んで良かったです!
取り扱ってるお薬も治療方針も病院によって様々。
ひとつの病院で済ますのでなく他の病院も・・と
ずっと思っていたんです。
込んでるにも係わらずじっくり話を聞いてもらえたし
細々と質問しても一生懸命説明して下さって。
良い病院にめぐり合えました!!

注射は・・そうなんですよね〜★
私はドアの外でガラス越しに様子を見てたのですが
手に汗握っちゃいました・・。
今後バムセがこの病院に慣れたらもっとスムーズに出来るかな?
ちと心配ですが・・。

夏ファッションで元気に夏を乗り切らなくては!顔(笑)
Posted by りえ at 2007年06月09日 22:32
TOちゅうさん


はい、本当に良かったです!!
治療の腕も大事だけど親切、丁寧な説明はやはり大事ですね。
納得した上で治療受けたいですもん♪
今後どうなるか分かりませんが先生を信じて
治療に励もうと思いますッ!


バムセの毛色に似合いそうですか?
ありがとうございますぅ〜♪
『馬子にも衣装』です顔(ペロッ)
Posted by りえ at 2007年06月09日 22:36
TOヒロトミさん


普通の獣医師さんの診察では納得いかない位の知識・・・
無いですよ〜!!
まだまだ勉強不足なんですが、だからこそ質問した時に
迷惑そうな顔されたり・・・だと辛いんですバッド(下向き矢印)
今度の先生は細々とした質問にも丁寧に答えてくれましたし
本当に有難かったなぁ・・。

そうですよね、獣医さんも人間のお医者さんの様に
専門分野で分かれれば良いのに、と日々思います。
・・・というか分かれないほうがおかしいんですよね。
本当は。
『ペットでなくコンパニオンアニマル』なんてペット業界は盛り上がる一方
ですが医療はその勢いに追い付けてない気がします・・。
きっと近い将来動物病院も人間の病院のように
専門分野に分かれるのでは・・?と期待してます。

ペルルchanの事、じっくり考えて決めなきゃですね。
時期や手術をお願いする病院・・。
責任重大!ですがヒロトミさんならペルルchanも安心でしょう犬(笑)
私も『心配』ってより『ヒロトミさんだし大丈夫!』
って気持の方が強いですもん。
人事と思ってるわけじゃぁ無いですよあせあせ(飛び散る汗)

Posted by りえ at 2007年06月09日 22:50
TOウェンママさん


私も採血の様子見ててハラハラしちゃいましたよ〜!
心の中で
『もっと手際良く!!!』
とか叫んでました顔(汗)
だけど治療の方針や先生の考え方にはとっても共感出来て
今後は安心出来そうです♪

ウェンツkun、ベルガモット好きですか!
私も柑橘系の中では一番好き!!
ベルガモットは気分を高揚させてくれる精油。
胃腸の調子を整える、とも言われます。
選ぶ精油でその時の体調が何となくわかったりします。
なのでウェンツkunが精油を選んだ時その精油の
作用を調べてみると良いですよ犬(笑)
ウェンツkunの身体が何を欲しているかを
知る手掛かりになるかもです★
Posted by りえ at 2007年06月09日 23:06
TO naopiさん


そうなんです、naopiさんに話そう!
と思ってましたが本当にそこが良さそうか確かめてから!
と思い報告せずに居ました〜★

発作が起きた時の対処法など聞いてきたので
明日お話しますね!!!
Posted by りえ at 2007年06月09日 23:09
TOdonaさん


そうなんですよね★
腕はもちろん大事ですがきちんと話が出来るっていうのも
また大事だなーと思います。
今後は安心して先生に委ねられそう♪

ティートリー、使ってますかわーい(嬉しい顔)
殺菌効果の高い精油ですもんね。
ティートリーやローズマリー、あとはケトン類を含む精油は
一般的に癲癇には禁忌なのですが協会や人によって
捕らえ方は様々ですよね。
実際、このティートリーで症状が改善されたわんこも
結構居るようなので一概にはNG!と言えないのかも。
アロマは体質改善などに大いに役立つと思うので
癲癇にもきっと効果的なのでは・・と思います♪

こちらこそ、明日は宜しくお願いします!
レメディの事も聞きたいので・・ぴかぴか(新しい)
Posted by りえ at 2007年06月09日 23:17
もう合コンとか行ってられないなー 出会い系があれば十分。金もかからんし。

Posted by エッチメールが出来るサイト一覧 at 2010年09月01日 19:05