2007年10月04日

君との距離

昨晩はバムセにちょっと冷たくしてみました。



深い意味は無く、ただ単にPCをいじりバムセを数時間放っておいた

というだけなのですが、普段は冷たくされると膝に乗ってきたり

バム・アタックで執拗に攻撃してくるバムセが昨日は何だか大人しく

私から離れたベッドの上で一人静かにくつろいでいました。






 104-10.jpg






しかも、お風呂に入ろうと部屋を出る私を目で追うだけ。

いつもは部屋の入り口まで

「どこいくの?どこいくの?ねぇ、どこ行くの??」

と、私の後について来るバムセ。普段とは様子が違います。




“何かヘンな物でも食べた?”“どこか具合でも悪い?”

と、少々不安になりましたが、お風呂から上がりドライヤーで髪を乾かす

頃にはすっかり普段のバムセに戻り、私の濡れた髪にじゃれついたり

「順番ばんこね。」となだめる私の言葉を無視し、膝の上で

ドライヤーの風を独り占めしようとしたり。

“もうちょっとアンニュイバムセで居てくれても良かったなぁ”

なんて思いました。





 104-11.jpg






バムセは日中一人で過ごすせいか、私達が家に居る時は

必ず誰かに寄添ったりおもちゃで遊んだり。

甘えん坊なところはとても可愛らしく愛おしいのですが

昨晩のように距離のある場所からバムセを眺めるのもまた善し、です。

ウトウトとまどろんでみたり、眠そうな虚ろな目でおもちゃの

ぬいぐるみをちょこっと齧ってみたり、欠伸をしてみたり。




離れた場所からバムセの行動をそっと観察すると

(もしくは、舐めるように眺めまわすと)

「バムセって可愛いなぁ。」「あほだなぁ。」「耳でかいなぁ。」

と、改めて感じる事ができ、感嘆の声が漏れるのです。

バムセは本当にへんてこで可愛い。







 104-12.jpg





でも、ついうっかり噴出してしまったり

「お馬鹿だなぁ」なんて声に出して呟いてしまうと

↑こんな顔で見つめられ「ずっと見てたの?」と目で訴えられます。


身体を掻こうとして体勢を崩しひっくり返ったり

ずっと傍にあったおもちゃにようやく気付き驚いて二度見したり、と

奇妙な行動を取ってるのはバムセの方なのですが私の視線に気付き

バツの悪い思いをする様子は一切無くて、むしろ私の方が

後ろめたい気持ちになってしまいます。

「ごめんね、ずっと楽しませて貰ってたよ。」

それでもじーっと見つめるバムセ。



「でも、唇がめくれて変な顔になってたのは見てないよ!」

お人善しなバムセは私の言葉をきっと信じてくれたでしょう。

「フンッ」とひとつ鼻を鳴らし毛布に顔をうずめました。



今度は絶対気付かれないようにしなくっちゃ。







 ☆ランキング参加中☆

  今日はアセラがメンテナンスだそうです〜!
   更新したのでがんばり屋さんに愛のポチを↓
             
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ














ニックネーム りえ at 10:57| Comment(16) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

よしおさん

 103-1.jpg






昨日のお散歩でチワワkunに会いました。

“初めまして”のチワワkunはとても大人しいお兄さん。

散歩させていたおじいさんは

「外では大人しいけど・・内弁慶なんです。」

と、目尻を下げ5歳になるチワワkunを溺愛している様子です。


“犬は飼い主に似る”とはよく言われますが、おじいさんも

チワワkunもとてもほのぼのとした、やわらかな印象の持ち主。

先程まで「拾い食いするなー!ムキーッ!!」と鼻息荒く

バムセとお散歩していた私も緊張の糸がほぐれ、和やかな雰囲気に。







 103-1.jpg






しかし、バムセは?というと・・・一人テンション上げ上げでした。

わんこ苦手なバムセですがここ最近はお散歩で出逢うわんこに

興味を示してる様で「本当に苦手なの?」と飼い主を困惑させます。



向こうから歩いてくるわんこを発見すれば、途端に歩く足を止め

すれ違う瞬間飛び掛ろうとしてみたり。

去っていくわんこを名残惜しそうにいつまでも眺めてみたり。






 103-3.jpg





そして昨日のチワワkunに対しては

距離が縮まると海老の様に飛び跳ね、一人で大興奮。

お尻を高く突き上げ、尻尾をしきりに振ってるので

「遊ぼうよ!」というアピールなのかと思いきや、次の瞬間

私の陰に隠れてみたり、膝の上に避難してみたり。

何がしたいかサッパリわかりません。

ミステリアスな女というより、もはやミステリー。

“仲良くしたいけど、方法がわからない”

“興味はあるけどちょっと、怖い”

そんな心理なのでしょうか?






 103-4.jpg






どんな心理であれ飼い主から見たバムセの様子は、一言で例えると

「小島よしおみたい・・・。」

機敏な動きと異様なテンションの高さが類似してます。

お尻を徐々に突き上げ登場する姿もバムセのアピール法と一緒。

そんな考えが頭をよぎると何だか無性に恥ずかしくなり

「このおじいさんが小島よしおを知りませんように!」

と、心の中で祈りそそくさとその場を退散しました。

ネタの途中でも構いません。撤収です。


しかしまぁ、以前のバムセに比べたら、たとえ小島よしおに類似してる

とはいえ、わんこに友好的(?)なのは良い傾向かも知れません。






 103-5.jpg





と、いう事でお散歩後はパパの帰宅を待ちペットショップへ向かいました。

先日の記事にもupしましたが、バムセの妹候補達とのタイムリミットは

昨日、10月2日だったのです。

バムセはわんこに友好的(?)だし、すぐに妹をお迎え出来なくとも

どうしても最後に一目会っておきたかったのです。


もう少しで閉店、という遅い時間に店に入ったので

撤収作業が行われつつありましたが

何匹かとは再会する事が出来ました。

居なくなった子たちは飼い主が見つかったのか、はたまた

もうすでにトラックに積まれたのかは分かりませんが・・。


前回抱かせて貰ったチョコタンの女の子のゲージの前で

感動の再会を果たすとパパの声が聞こえてきました。


「バムセが震えて怖がっているから帰る!」


どうやら鳴き声が怖いらしく、ぶるぶる震え硬直してしまいました。

まだ店に入って2分なのに・・・。

パパへの作戦(先日の記事参照)に加え“バムセ、わんこに興味深々”

をアピールすればパパも妹のお迎えに前向きになるだろう、と思いきや

バムセには裏切られ、期待は見事にはずれました。







 103-6.jpg 






「海パン一丁じゃ寒くて震えちゃうわよ!よしお!!」

心の中で叫んだ私でした。






 ☆ランキング参加中☆

  「やっぱりドリフが一番!」って方も
    「いえいえ、たけし最高!!」って方もポチっと↓

                にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ  

 
ニックネーム りえ at 12:32| Comment(18) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

わたしの師匠

 930-1.jpg





バムセの飛び出し防止に、と部屋の入り口に設置したアミアミです。





 930-2.jpg






確実に飛び越えられる高さなのですがバムセは絶対飛び越えません。

反復横飛び、もしくは垂直飛びを披露し

「だして!だして!だして!だして!」

「はやく!はやく!はやく!はやく!」

と、自己主張するのみで自ら行動を起こそうとは思わないようです。





 930-3.jpg






時々低い声で唸ってみたり、猫の様な奇声を発したり

吠えて騒いでみたりと、一応は『有言無実行』なのかな?



これは、何もこの出入口のアミアミに限った事ではありません。

おもちゃBOXに入ってるぬいぐるみや

ほんの数十センチの高さの台の上にあるガム等等。

人の手を借りなくとも確実に自分で取れるはずなのですが

“標的の前で座り込み、奇声を発しアピール”という技を使い

いちいち私やパパにお伺いを立て、私達に取らせます。







 930-4.jpg






こんなバムセの奥ゆかしい姿を見る度





「好きだ〜!!バムセ!」



と、大声で叫びバムセを抱きしめたくなってしまいます。

台の上にある物を悪戯したバムセを叱る、なんて事は

これまでに一度も無かったのですが、バムセはきっと

誰に教わるわけでも無く学び、見に付けたのでしょう。



“過ぎたるは及ばざるが如し”


出すぎた真似は、気の利かなさよりも見るに耐えませんからね。

バムセは素晴らしい大和撫子犬なのです。







 930-5.jpg






そんなバムセの奥ゆかしい振る舞いを私も、と思ったのは昨日のこと。




ホームセンターに隣接するペットショップへ行ったのですが

何とそこではミニピンが7匹にイタグレが6匹、そして更には

サルーキーが販売されていたのです。

どうやら期間限定で販売業者が場所を借りて入っている模様。


何の気なしに店内へ入ったハズが、大興奮してしまい

ゲージの前を飛び回ってしまいました。抱っこまでしちゃった・・。




むくむくと芽生えるは

“バムセに妹を!!!!”


パパをこの店にさり気なく連れて行き

「可愛いなー。」「バムセと仲良くなれそうだなー。」

と、これまたさり気なく要求をアピールすればパパも感じるはず。





「好きだー!!りえー!」





と。そして購入。へへっ・・・

10月の2日まで販売してる、との事なので機会を伺ってます。






 930-6.jpg





バムセの振る舞いを真似てるはずなのに

同じ「有言無実行」を実践するだけなのに

私がすると“姑息な手”と感じてしまうのは何故でしょう?

「奥ゆかしい」という言葉ではなく

「他力本願」という言葉がよぎるのは・・・何故・・・・?






 ☆ランキング参加中☆


 サルーキーが24万円もしてビックリ!
  しかも、もう4ヶ月の子なのに〜!!
    「知らなかったわ!」って人も
      「サルーキーは高いのよ!知ってるわ!!」って人も↓
                  
                  にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
ニックネーム りえ at 16:45| Comment(20) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

正しい秋のススメ

 921-1.jpg











 921-2.jpg










 
 921-3.jpg 











 921-4.jpg











 921-5.jpg













 921-6.jpg











 921-7.jpg









漫画本読みながらポテチつまむ様な感覚・・・?

ちょっと気持ち分かる様な・・分かっちゃイケナイ様な・・顔(汗)







 ☆ランキング参加中☆

  『漫画にはお菓子が必須!』って方も
   『お菓子のカスが本に挟まるから嫌よ!』って方もポチ↓

          にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
        
ニックネーム りえ at 11:28| Comment(24) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

シーハー

二足立歩行をマスターし、道具を使い、火を自在に操り・・

人類はこうして発達を遂げました。






そして遂にバムセも、です。

二足立歩行というステップを一段飛ばし“道具”段階へ。






ガムをね、噛んでいたんですよ。ええ。

柔らかめのガムでしてね。

それがどうやら右の奥歯に挟まったらしいんです。

挟まったガムが不愉快極まりないらしく

しきりに口をクッチャクチャさせ

頭を振ったり手で口元を擦ってみたりともがいてました。

“痒いとこに手が届かない”とは、まさにこんな状況なんだなーと

バムセをぼんやり眺めていたんですがね。

しばらくするとバムセはおもむろに立ち上がり

部屋に転がっている細く硬いガムをくわえたんです。





 920-1.jpg




バムセは普段硬いガムを好んで食べません。

このガムも与えられたので一応は齧ってみたものの

すぐに飽きて放置しておいた代物でした。


やっと食べてくれる気になったかーと、

一本あたりの単価を計算し¥100が無駄にならなかった事を安堵。

しかし、その安堵はすぐに裏切られてしまったんですねー。


バムセはその細く硬いガムを両手で器用に持つと

右奥歯目掛けて突っ込み・・・シーハー・・。

角度を変え、奥行きを計算し、と微妙な調節を何度か行い

ポロリ、と掻き出されたのは先程挟まった柔らかいガムでした。

そして小指の先程の大きさのそのガムを

『今度は挟まらないようにきをつけなくっちゃ!』

と口に含んでは出し、口に含んでは出し、と慎重に食べ進めるバムセ。


ごくん、と飲み込んだ後細く硬いガムに見向きもしなかったのは

言うまでもありませんね。彼女にとっては、あくまでも楊枝。





『1本100円の楊枝なんて贅沢ですね。 
    私はポッキーを箸代わりにしようかしらね。』

そんな悪態を付きつつも、内心バムセに近い将来追い越されそうだわ

と焦ってしまう箸使いが下手な私でした。







 920-2.jpg






 ☆ランキング参加中☆

  ポッキー派もプリッツ派もポチッと↓

        にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ


ニックネーム りえ at 17:15| Comment(17) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

サプライズ!

今朝のこと。


“今日のわんこ”を見るよう、パパに言われたわたしは

『なに?ミニピンが出るの?』と、CM中のTV画面に目をやりました。


すると『何でそんな事言うの?!』とプリプリ怒り出すパパ。

話を聞けば、どうやらわたしを驚かせたかったらしいのです。

『わぁ!ミニピンだぁ!!』という具合に。

先回りされた事が面白くなかったパパさん。


それでもCMが終わり“今日のわんこ”でブラック・タンのミニピンchanが

すいすいとプールで泳ぐ様子が映れば、目は画面に釘付け。

『もう一回流してくれないかなぁ。』なんて上機嫌に戻りましたが。




 912-1.jpg





パパの『驚いて欲しかった』という勝手極まりない言い分に

あぁ、次回は上手に“そう来たかー!”という演技をしてやろう

と、眠い目を擦りながら思いました。舌打ち交じりで・・。




“そう来たかー!”を得意とするのは、我が家ではバムセです。

もっとも、良い意味での“そう来たかー!”では無くて

“話が違うっ!!”という表現に近い気がしますが・・・。





 912-2.jpg




わたしはしばしばバムセに話しかけます。

一日をどんな風に過ごしていたか訊ねたり

次の旅行の計画を相談したり、読み終わった小説を勧めてみたり

借りてきたDVDを返しに行くのが面倒くさいとグチったり。

バムセは聞き上手なのでそんな私の話をじっと聞いてくれます。

相槌を打ってみたり、時に小首を傾げてみたり。

大抵、“ふ〜ん”とか“へぇ〜”といった無関心とも取れる相槌で

もっと上手な相槌を取れるようになれば完璧なのにな、と

ちょっとだけバムセの相槌下手を残念に思ったりもしますが

バムセに関心を持って貰える様な話が出来ないので仕方ないのです。

とにかく、腹心の友なので何でも話します。




しかし、バムセとの会話にはNGワードたるものが存在し

会話の語尾に『?』を付けるのだけは避けなければなりません。




どういう事か、というと・・・・




バムセにとって至福の時間はごはんとおやつを食す時なのですが

わたし達はバムセがピョンピョン飛び跳ねて喜ぶ様子を見るのが楽しくて

必ず『ごはん食べる?』『おやつ食べる?』と、確認していました。

なので、彼女の中では一つの法則が出来上がってしまったのです。


 『・・・・・〜?』=食べ物    と。





 912-3.jpg





NGワードと分かってはいても、ついうっかり口にしてしまいます。

『いいこにしてた?』『お座りちゃんとしてる?』などと。

しまった!と思いますが、時すでに遅し。

バムセの目はキラーンと輝き、最高にカッコイイお座りをビシッと決め

“ハイ、いいこです!”と何とも堂々たる態度。

そして挙句の果てに、そんな時は決まって舌なめずりもしてくれます。


『散歩いく?』も『お風呂入る?』も『お医者さんいく?』も

どれもこれもヒアリング能力が極端に低いバムにとっては・・・

“食”ただひとつ。



『そうか〜・・いいこにしてたんだね。偉いね。』

読みかけの本にすぐさま視線を戻せばお決まりの抗議です。

“ちょっと!話が違うぢゃないっ!!”

“期待させといて何よ!”

全身全霊でお得意のバム・アタック攻撃を仕掛け、しかもしつこい。





 

 912-4.jpg





『驚いて欲しかった』『リアクションが薄い』

そんな風に文句を言うなら、わたしに求めずバムセに求めなさい。

彼女なら外人並のオーバーリアクションでパパの要求を満たしてくれるでしょう。

ただし、語尾に『?』は忘れずに・・・・


そんな風に思うわたしでした。





 ☆ランキング参加中☆

  驚かすのが好きなひとも
   驚かされるのが好きなひともポチっ↓

             にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ




ニックネーム りえ at 14:28| Comment(14) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

☆祝・11ヶ月☆

 97-1.jpg 






今日はバムセが生まれて丁度11ヶ月目。





先日、バムセにハーネスを注文すべく久々に体中を採寸し

病院で体重も計測してきたので数ヶ月前のバムセと比較してみた。





     《生後8ヶ月》   《生後11ヶ月》


●体重    3.4s       3.7s


●体長    29cm        33cm


●首周り   25cm        25cm


●胴周り   39cm        40cm
 (太)

●胴回り   ?cm        30cm
 (細)







 97-2.jpg





以前ほどの急成長は見られないにせよ、まだストップはしていないらしい。

数字で確認すればその成長ぶりにも気付けるが

毎日一緒に居るとどうもよく分からないものだ。


わたしは元々わりとぼんやりしていて観察力に乏しい性質なので

爪やヒゲの伸び具合もパパに指摘されるまで気付かない事が多い。

言われて初めて“あぁ、いつの間に”と驚くのだ。

バムセの生理が始まった時も終わった時も明確には分からない。



考えてみるとそれはバムセに関する事のみならず至る所で感じている。

桜が散り終わった時、紅葉が始まった時

“旬の味”として秋刀魚がスーパーに並んだ時etc・・・

“いつの間に?”と毎度毎度、首を傾げてしまうのだ。

桃や梨が店頭に並ばなくなって初めて出遅れたと気付き

“それならそうと早く言ってよー”とガッカリする。





 97-3.jpg





でもきっとこれはわたしの観察力不足だけが原因では無いのだ。

明確な“始まり”と“終わり”を持たない物事が

世の中には多すぎるんだろうな、と思う。

朝も夜も夕方も、雨の降り始めもコーラの炭酸が抜け始める時も

風邪引いてガラガラだった声が治る時も

わたしの前髪やバムの手足が伸び始めるのだって

誰かが『今からスタートします』『終了しました』と

宣言してくれない限り境界線は酷くぼんやりしている。

だからきっと“いつの間に?”と思っても仕方ないのだろう。

わたしだけに原因があるわけでは無いのでガッカリする必要は

無いのだが、何だか貴重な瞬間を逃しているようで少しくやしい。

序々に変化してる、と思わせておいて実は・・・・

つくしや、わたしの前髪や、バムの尻尾がわたしの目を盗んで

ある夜にょきっと伸びるているのかも知れない。

“いつの間に?”と目を丸くするわたしを見て

“してやったり。”とほくそ笑むバムセやつくしを想像すると

毎晩メジャー片手に追い回したくなってしまうのだ。






 97-4.jpg






ともあれ。

わたしも“いつの間に?”と思わせてる側の一人だったりする。

パパと出逢ってから日々増量するわたしの体重に

パパも“いつの間に?”と首を傾げているのだ。



“詐欺だー!!”と、この先激怒されたくなければ

毎晩メジャー片手にバムを追い回すのでは無く

そのメジャーで自分の身体を採寸したほうがいいのかも知れない・・・。





 97-5.jpg





ちなみに。

NEWメジャーが嬉しくってパパの身体も測ってみました。




    《生後約30年》


●身長  179cm

●体重  67s

●バスト  87cm

●ウェスト  77cm




『俺は脚が長いんだ!』と主張するので実際に測ってみたところ

腰骨から床まで本当に1mあり、驚きました。

でもお腹がポコっとしてるのでそちらの方が驚きでした。

バムセに念願の妹が出来るのかもしれませんね。



祈・安産!






 ☆ランキング参加中です☆

  いつの間にやら年を重ねたあなたも
   いつの間にやら増量しちゃうあなたもポチリ↓

            にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ   








ニックネーム りえ at 15:25| Comment(26) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

可愛いふたり


 96-1.jpg



 96-3.jpg




 96-4.jpg



 96-5.jpg



 96-6.jpg






トイプードルもいいよね、と何気なく言ったわたしの言葉は

パパにピシャリと却下されてしまった。

理由を聞いて思わず噴出すわたし。

なんでも

『あの子はフワフワで暖かいのに何でバムは寒いの?』

とバムセが哀しがるから、だそうだ。

もしトイプードルを妹にお迎えしたら

ツルツルのバムセが可哀想だ、とパパは主張する。



おもちゃを散らかし放題なバムセと

『バムセが可哀想だよ!』とすっとんきょうな発言をするパパ。

2人を見比べると思わずニヤいてしまう。




まったく、わたしを飽きさせないニクイ2人なのです。







 ☆ランキング参加中☆

   本当に哀しそうな表情で必死に訴えるパパにポチっと↓
               
                    にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
  


ニックネーム りえ at 17:28| Comment(14) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

秋の夜長

“食欲の秋”“芸術の秋”“スポーツの秋”

秋には色んな楽しみ方があり、その楽しみ方も人それぞれ。

この一週間、わたしとバムは思い思いに“秋の夜長”を堪能した。



わたしは“芸術の秋”を。

バムセは“スポーツの秋”を、だ。



わたしの場合、きっかけは1冊の小説だった。

毎回そうなのだが『これは!』という素晴らしい本に巡り合うと

その後しばらくは何日も何日もむさぼるように本を読む。



今回も同じようないきさつで読書魂に火がついてしまい

『ブログ更新しないの?!』という熱狂的ファン(パパ)の言葉も

『書くキブンじゃなくて、今は読むキブンなの。』という言葉で制し

ただひたすらに本を読み、時々休憩と称してDVDを鑑賞したりしていた。






 824-1.jpg






バムセは、というと

わたしが何気なく始めた遊び、“宝探しごっこ”にハマってしまい

その遊びを繰り返すうちに、日々遊び方をグレードアップさせた。




当初はピーピー鳴るおもちゃを毛布の下で鳴らしたり後ろ手に持って

鳴らしたりしてバムセに探させて遊んでいたのだが

何度か繰り返すうちにすぐに見つかるようになってしまった。

“こんなの、どうせここにあるんでしょ”と。



そこでわたしは両手、時には足までも使い

バムセが毛布に潜った隙におもちゃを持ち替えたり足で蹴ったりと

ちょっとした“ズル”を交えつつバムセとの遊びに高じる様になった。

難易度があがり、ますますムキになるバムセ。

“あれ?!さっきはここから音がしてたのに!!”

と辺りをキョロキョロ伺う様子がたまらなく愛おしい。


しばらくの間わたしはバムセが手の平で転がってる感を満喫し

バムセは難易度のあがった“宝探しごっこ”にご満悦だった。







 824-2.jpg





しかし、ある時わたしはある致命的なミスをしてしまい

そのミスから状況が一変してしまう事となった。

バムセに“ズル”が見つかってしまったのだ。




その日もいつもの様に遊びを始めたわたし達。

でもわたしはちょっと油断していたかも知れない。

“バムセには見つかりっこないよ”と。



バムセが左手のおもちゃに誘われ毛布の中に潜っていく。

付けっ放しにしていたTV画面に視線を移しつつ

左手のおもちゃを毛布の外で右手にこっそり持ち替えるわたし。


視線をバムセに戻した瞬間、わたしが見たものは

“あっ!ズルしてるっ!!”という表情のバムセ。



そして次の瞬間、今までとはうって変わって

激しさを増した動きでおもちゃに飛びついてきた。

“かして!かして!かして!かして!”

“ズルイよ!ズルイよ!ズルイよ!”

と、わたしの右手を必死にカリカリしておもちゃを奪う。







 824-3.jpg






この日を堺にバムセは何だか挑戦的になり

“宝探しごっこ”という可愛らしい遊びが“宝探しバトル”という

ちょっとしたサバイバル的な遊びになってしまった。

バムセは“どんなズルされても一瞬で見つけてやる!”と息巻き

わたしもそんなバムセの俊敏な動きに対抗しようと必死なのだ。


その場を動く事なく遊べた楽ちん極まりない遊びだったのに

今は息つく暇さえ無く、スポーツの域に達してしまった。







 824-4.jpg





『今日はのんびり過ごそうね』

いよいよ疲れ果てたわたしは昨日、一昨日とバムセに提案するが

“今日も遊ぶの!”とバムセの催促はしつこく続いた。

TVに目をやればタックルするし、本を開けば目の前で伏せてうなる。


遊びがエスカレートして半ばヤケクソ気味で自分が毛布に隠れたり

おもちゃを投げたり、と遊びを変化させるわたしはバムセにとって

格好の遊び相手なのだろう。パパで無くわたし、なのだ。


『いつか怪我するからやめなさい』

『ボールは部屋で投げちゃダメっ!!』

そんなパパの言葉に訳知り顔で頷きつつも右手ではこっそり

バムセと遊んでたりする。バムセはそれを知っているのだ。






 824-4.jpg 





今夜はパパが泊まりでゴルフ。

監督者の居ない子供たちは2人でどんな秋の夜長を過ごすだろう?

おもちゃを散らかし、ここぞとばかりにお菓子を食べまくり

これでもか!という程に夜更かしにいそしむのは目に見えている。



唯一の救いはバムセが犬だ、という事かもしれない。

お菓子は一人分しか減らないし、レイトショーへも行けないし

カラオケで朝まで騒ぐ事も、深夜のガストで山盛りポテトフライも食べれない。

安全な家の中で過ごすしか無いのだ。




帰ったらバムセにパパの不在を伝えよう。

“たまには2人もいいかもね!”

そんな返事を予想している。




 ☆ランキング参加中☆

  無法地帯となりえる我が家に救いのポチを↓
             にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ



 
ニックネーム りえ at 16:34| Comment(14) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

追い風に乗って

なんとっ!

minipin☆BAMらしからぬ爽やか〜なタイトル。

今日は自虐ブログから路線変更して、ブログ開始当初の狙いだった

『バムセとのハートフル・ウォーミング♪』を全面にプッシュ!!



ムンムン暑く鬱陶しい昼下がりですが

このページで涼やかな夏の風を感じてくださいな。

(気が利くなー、りえって。)





 89-1.jpg






それは昨日の散歩での出来事。

日中の熱気も幾分落ち着き、日も翳り出した午後6時半。

私達はいつもの様に家を出て散歩へと向かいました。



真夏の午後6時半。

夕方、というよりは夜、と呼ぶにふさわしい時間帯ですが

8月にもなれば午後6時を過ぎたとはいえ、まだまだ周囲は

興奮冷めやらず、といった雰囲気を漂わせます。

昼間のうちにたっぷりと陽の光を浴びた草木はその身体にこもった

熱を濛々と放ち、これから訪れるであろう夜に向けて

ひっそりと、しかし着実に準備しているかの様。



道路を歩き、その下から立ち上る熱を感じる度に

田んぼのあぜ道を歩き、草いきれにむせびそうになる度に

草や木や花や、もしかするとこの道路や建物、全てのものに

神経が通ってるんじゃないか?という錯覚に捕らわれます。

人間の身体が睡眠という行為を迎える為

交感神経優位から副交感神経優位へとシフトするように

この子達も私達同様、切換作業に必死なのでは?と。





 89-2.jpg





しかし昨日は夕方にかけて曇り始め、風も程よく吹き始めたせいか

普段は濃厚に感じる熱気も全く、と言って良い程感じられず

ほのかに残る真夏の匂いを確かめる様に歩きました。


蝉の鳴き声は相変わらず付いて廻りますが時折思い出したように

吹く風はとても心地よく、足取り軽やかに歩を進めます。




この日最後の陽の光をわずかに浴びて輝くバムセの背中。

風に吹かれ揺れる葉っぱをしげしげと見つめるバムセの目。

幸福な気持ちに包まれバムセを見つめる私を知ってか知らずか

バムセは楽しげに匂いを嗅いだり、リードにじゃれついたり。





 89-3.jpg





大きな道路を渡り、見晴らしの良い直線を進みます。

目の前には青々とした田んぼが広がり遠くにはどっしりと佇む山々。

家族団らんの笑い声や赤ちゃんの泣き声、そして美味しそうな

夕食の香りが漂う住宅街を抜けると、お散歩も中盤です。



すっかり日が落ちて辺りも暗くなり始めた道を

『パパ帰って来てるかなー?』『バムの事待ってるかな?』なんて。





 89-4.jpg






するとバムセがふいに立ち止まり後ろを振り返ります。

歩くは長い長い直線道路。

数十メートル後ろに、ぼんやりと人影が確認出来ました。


前方に人間の存在を確認すれば必死に追いかけ、後方に発見すれば

スピード・ダウンして待ち伏せる人間大好きなバムセ。

この日も普段と同様に速度を落とし、時々歩みを止め確認です。

飼い主としてはとても恥ずかしい、我が子のこの行動。

昨晩も内心カンベンしてよ、と思いながらバムセを半ば引きずる様に

散歩を続けました。しかし“親の心、子知らず”とは良く言ったもので

当の本犬はそんな事はお構いなしに数メートル進んでは振り返り。






 89-5.jpg





私の必死の抵抗も虚しく後方から来る“誰かさん”との距離は

確実に縮まって来ます。『あぁ・・頼むから飛びつかないでよ〜。』

と諦めかけたその時、バムセが再度振り返り次の瞬間・・・




猛烈ダッシュ!!





凄い・・・。凄い引きです。

それはもう、マグロかカジキでも掛かったんじゃないか?って位。

一瞬にして海の男と化した私の頭の中には

『気合だーっっ!!誰か網持ってこーいっ!!』という言葉と

たくさんのクエスチョン・マークが渦巻きます。

思いがけず掛かった大物に今度は私が引きずられ

獲れ立て!新鮮!!なバムセの動きにシャウト気味で振り返ると

そこには“誰かさん”では無く“誰かさんと1匹”が居ました。




そう、バムはずっと気付かないで待ち構えていた様なのですが

苦手なわんこの存在に気付いた途端追い風に吹かれたかの如く

狂った様に先を急ぎ始めたのです。




 

 89-6.jpg






笑いました。

ハイ、それはもうゲラゲラと笑いました。

あの時、バムが振り返った時の『!!!』という表情。

最高のリアクションでした。



その後“誰かさんと1匹”が途中で進路を変えた後も早歩き。

“骨折れ損のくたびれ儲け”という言葉が身に染みて分かったせいか

家に着くや否やベッドで横になり渋い表情のバムセ。

その様子さえも笑えたわ〜。




バムセが言葉を理解出来ない事を良い事に

満面の笑みを浮かべ『ザマーミロ♪』と呟く私でした。





 ☆ランキング参加中☆
  結局こんなオチですが
    途中までガンバッタのでポチッと↓
           
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ





ニックネーム りえ at 16:42| Comment(12) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

しょっちゅう目眩でもう死にます。

昨晩も繰り広げられた領土争奪戦。

このところ毎晩続く敵の奇襲攻撃のおかげで

私は日がな一日目をこすって過ごしております・・・。

あぁ・・・今日も太陽が眩しくてクラクラしちゃう・・・。





敵・・・それはバムセ。

私、パパ、バムセは同じベッドで就寝しているのですが

バムセが私の股に潜り込むと同時に闘いの火蓋が切って落とされます。


昨晩もそう。




88-1.jpg





左側にパパ。

真ん中にわたし。

右側にバムセ。

『よし、ベストポジションだ』と安心して眠るや否やバムセが股に。

しばらくは我慢出来るものの寝返りは打てないし、暑いし

おまけに大股広げ続ける体勢のお陰で股関節に痛みが。



敵の様子を伺いつつ、しばらくその状態をやり過ごします。

頃合を見てこっそり片足を持ち上げ、仰向けの体勢から横向きに。


ホッ・・敵は気付いていない・・・。





88-2.jpg





安心しふたたび眠りの世界へ旅立ちますが敵はそんなに甘くない。

しばらくすると


カリカリカリカリカリカリカリカリ・・・・・・・


何の音・・・?何か痛いんですけど・・・??


穏便に解決しよう、という私の試みを無視し彼女は武力行使。

一心不乱に私の太ももを掘り出しました。

睡魔に襲われながら敵にも襲われる、という最悪な状況。

降伏以外の選択肢が見当たりません。

『わかりました、どうぞ・・・』と領土を差し出すべく

またもや仰向けの体勢になると敵はすぐさま股ぐらへ・・・。



その後も横→仰向け→横→うつぶせ・・・・

と私は無駄なあがきを続け朝を迎える事になりました。





88-3.jpg




昼間たっぷり眠り、この争奪戦に向けて英気を養っているバムセ。

今後私がこの闘いに勝てる日はおそらく来ないでしょう。

そしてパパが流れ弾に当って負傷する日もそう遠くないハズ・・・。

そうでなくともベッドの隅で縮こまって眠るパパ。



一日も早く平和的解決策を見出さねば、と思う私の苦肉の策。

バムセに葉書の一枚でも出して和解の意を伝えようかな。



『暑中お見舞い申し上げます』

もとい

『しょっちゅう目眩でもう死にます』




来年からはお中元持って挨拶に行こう、と思う私でした。






88-4.jpg





 ☆ランキング参加中☆

  写真は後ほど載せるのでポチっとくだされ↓
        
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ





ニックネーム りえ at 16:56| Comment(16) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

死霊のはらわた

 727-1.jpg





一月ほど前我が家に新しいオトモダチが加わった。

ウェンママさん家のウェンツkunが遊んでいたカメさんだ。


新し物好きのバムセは早速興味深々。




いいね〜♪その食い付きっぷり、たまんないねぇ〜♪♪


でもね、バムセ。

このカメさんは只者じゃないの。

ピューピュー鳴らして遊ぶだけの従来のおもちゃとは比べ物にならない

素敵な仕掛けが隠されているんだからっ!!






 727-3.jpg





この様に↑お腹に穴が開いているカメさん。

付属されている数個のボールをこの中に隠し

ボールを取り出して遊ぶというもの。


『本来犬が持つ“探究心”を満たす!』

というキャッチコピーに惹かれ、そしてそんなキャッチコピー以上に

『お腹から卵をほじくり出す残酷な光景に唖然・・・』

というウェンママさんの大絶賛ぶり(?)にズキュ−ン!と来た

スプラッター好きの私は、またまたネットでポチっと購入〜。





さぁ、バムセ!!

ゾンビの如く思う存分ハラワタほじくりかえすがいいわっっ!

その鋭利な牙を肉に食い込ませなさいっ!!

残酷極まりない絵で私に刺激をたっぷり与えて頂戴なっ♪

引き千切れ〜っ!!ひゃっほぅ〜っ!!!





そんな思いで胸高鳴らせ、観察すること10分。

しかしおかしな事にバムセは頭や甲羅にかじりつくだけで

一向にボールを取り出そうとはしない。




本来なら真っ先に攻撃するハズの腹部・・・。

身体の中で最も栄養価が高いと言われている

臓器を引きずり出そうとしないなんて・・・。


バムセの中の野生の血は一体どこへ行ってしまったの?






  727-2.jpg





ちょっとガッカリしつつも説明書を手に取る私。

そこで発見したのがご丁寧に記載されてる遊び方の方法。

『わんこの目の前でボールを鳴らし、お腹に隠して興味を惹く』

なるほど〜・・・!!



確かに野生の動物だって最初は母親から狩りを習うに違いない。

きっとゾンビだって周りのゾンビの行動を見て学習するんだわ・・。




ならば・・・・と、マニュアルを頼りにバムセに教育を行う私。

『立派なゾンビになって欲しい・・。』

『一人前になって早く臓物食い散らかしておくれ・・。』

そんな切なる願いを胸に、何度もボールを入れたり出したり。





しばらくして

私のスパルタ教育のしつこさにイラついたバムセは・・・









 727-5.jpg
   さっさとよこせーっっ!!!





別の意味でゾンビ化。



この後、私の手からカメを奪うと

スパルタ指導は一切無視し、頭をカプカプ楽しんでました。




その後、1ヶ月経った今現在。

息の根を止められる事も、臓器をほじくり返される事も

無かったカメは部屋の隅に健在です・・・。





 ☆ランキング参加中☆
   ホルモン好きの方も
     タン好きの方もポチッと↓
  
          にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
  
   








 









ニックネーム りえ at 11:56| Comment(28) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

常夏の島風味

 hawai22.jpg




久々のOFFで一晩中バムと遊ぼうとウハウハで帰宅したものの

お散歩が終わるとすでに眠そうなバムセ。

ベッドにごろんと横になり、私が遊びに誘っても

『ガウガウ〜ッ触るんじゃねぇー!!!』と。

これはもしや・・・と思ったら案の定



バム、8時半就寝。



N0−−−−−−−−−−−!!!!



何というタイミングの悪さ。

でも昨日、一昨日と寂しい思いをすればバムセだって

『もう、いいよ!』と尻をめくりたくなるのも当然と言えよう。

『せっかく私が誘ってるってのに何さ!』

などという傲慢ちきな考えは断じて持たず

このタイミングの悪さ、バムの態度は私への戒めなんだと深く反省。

バムとのガールズ・トークは諦め日中買ったばかりの本を片手に

大人時間を心おきなく満喫する事に致しました。(反省?)


したらば・・・・・



りえ、9時半就寝。




NOーーーーーーーーーーーー!!!!!!顔(なに〜)





 hawai9.jpg





せっかくの週末を一日眠りこけて棒に振った様なもの。

貴重な夜が・・・大人時間が・・・と飛び起きたのは

夜中の3時。この時点で既に5時間半も眠っているわ・・と

横に目をやると同じくたっぷり眠った為元気イッパイのバムセ。

今からガールズ・トークしちゃう?やっちゃう??

と甘い時間を取り戻すべくちょっと遊んでみたものの

『明日も仕事だよー。君はいい大人だよー。』

という理性の声がどこからともなく聞こえ、再度就寝。

その後は何度も睡眠、覚醒を繰り返し

奇妙な寝方をしてしまった私とバムセは・・・・・・




寝坊&遅刻




NOーーーーーーーーーーー!!!!!!!!




シンデレラ睡眠なんてもんじゃない位早い時間に寝たってのに

この有様。おかしな夢は見るし頭はボンヤリしてるし背中は痛い。

“若いから大丈夫!ふふん♪”なんて昨日は記事に書いたけど

私の思い違いだったみたいです・・・・。へへっ・・・。




 hawai8.jpg




今は時間の感覚が何だかおかしくて海外旅行した事も無いのに

『時差ぼけ?ジェット・ラグ??』とコーヒー啜りセレブ気取り。

“覆水盆にかえらず”って言うしいつまでも後悔しても仕方無い。

ここは居直って“ハワイから帰国直後with大倉シュウゴ”

って妄想を刷り込み、今日一日をやり過ごそうと思います。

テーマ曲は“パイナップル・プリンセス”。

今こそ地黒な自分に感謝ね♪



今夜もまた仕事。

土産話に華を咲かせようと思いますが

ハワイ通のお客さんに深く突っ込まれない事を切に願います。





               hawai21.jpg




 ☆ランキング参加中☆
   パパを置いてった薄情な私達にポチッと↓
               にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 
     

  








ニックネーム りえ at 14:11| Comment(22) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

リバーシブル犬

プチ断食後すっかり元気を取り戻したバムセ。

回復した途端すぐに床を這いずり回って大好物の髪の毛を物色。

『ひゃっほぅ♪食いまくれ〜っ♪♪』的な様子が

ダイエット明けにスナック菓子をむさぼる自分の姿と重なります・・。

餓鬼?!

悪霊退散・・悪霊退散・・・





昨日はそんなバムセと恒例の『にゃんにゃん』をしましたよ。



 711-4.jpg





『犬』と『猫』両方の素質を兼ね備えているバムセ。


一度で二度美味しいリバーシブル犬!!

バニラとチョコ味が同時に楽しめるミックス味のソフトクリーム!!!


まさにそんな感じです。


そんなバムセとだからこそ楽しめちゃう遊び『にゃんにゃん』。


遊び方は至ってシンプル。

お互い猫のように身体と身体を擦り合わせるだけ。






 711-3.jpg




まずは四つん這いの姿勢からスタートです。

この姿勢を取り『バームこちゃん・・バームこちゃん・・』と

徐々ににじり寄ると“伸び”のような姿勢を取るバムセ。

身をくねらせ尻尾ふりふりで私が近づくのを待ち伏せます。

ある程度距離が縮まるとバムもゆっくりゆっくりこちらへ。


今すぐにでも撫で回したい衝動をこらえ焦らします。






 711-2.jpg




ゆっくり時間をかけにじり寄った後は・・・スリスリ。

尻尾ピコピコ&ミミを後ろにパタンと倒したバムセは四つん這いになってる

私のお腹やわき腹、首や頬なんかに全身摺り寄せて来ます。

『バムちゃ〜ん♪』と声を掛け私もバムセに負けじとバムセの背中に

頬擦りしたり手で撫で回したり。


引っ張り合いっこなんかの遊びだと興奮してガウガウするバムセも

この時ばかりはしおらしく楽しみます。

『ねこちゃんに成り切らないとこの遊びは成立しないにゃ!』

とでも思っているかの様。


バムの猫っぷりを動画で撮影し証拠映像としてUPしたい所ですが

バムセの猫っぷり以上に私のキモっぷりが際立ちそうなのでNG。


ムツゴロウさんなんてもんじゃぁ無いですね、きっと・・・。





 711-1.jpg





ムツゴロウさんの過剰なまでの愛情表現にドン引きしていたあの頃。

『なんだこいつ、キモイなぁ!』

なんて思ってた私も今や同じ穴のムジナ。いや、それ以上??



『にゃんにゃん』最中に感じる突き刺さるような視線。

以前ムツゴロウさんに対して私が向けた冷ややかな視線・・・・・


と、思いきや嫉妬に燃えるパパの熱い眼差しでした。




今夜もまたそんな熱い視線を浴びながら『にゃんにゃん』です。

ねこちゃん、待っててね〜♪





 ☆ランキング参加中☆
  バニラ派もチョコ派もミックス派もポチリ↓
           にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

ニックネーム りえ at 15:22| Comment(20) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

もう、夜も遅いから

さて、もうそろそろ電気を消して・・・・
と、腰を上げようとしたその時。



 75-1.jpg




そんな空気をいち早く察知する一名。





 75-2.jpg



目力強っ!!

・・・そんなに強く訴える程の事でも無いだろうに・・。
まぁ、分かったから早くベッドに移動してください〜




 75-3.jpg




分かったってば!
挑発的な視線が小憎たらしいわぁ。
パパもパパで満更でも無さそうにデレデレしちゃって。





 75-4.jpg




ん?何2人でヒソヒソと・・・・
またどうせお得意の内緒話でしょ。
『バム、ここにおしっこした事ママには秘密にしてやるからな』
なんてお決まりのパターンは読めてるんですからねっ!
ちょっと、今回はどこで・・・・






 75-5.jpg




接吻?!
はいはい、仲良しで宜しいですこと。
あ、言っとくけどバムセさっき納豆食べたから口臭いよ。
ふふん♪ラブラブが台無しで残念ね〜。



よし、私もそろそろ寝ようかな。
バムセ、頼むからタテで寝てよね。
あんたヨコに寝てスペース取りすぎだからね、いっつも。
毛布もコレね。
間違っても私の取らないようにねっ!





さてさてそれではおやす・・・・・









 75-6.jpg






・・・・・・・・・。






 ★ランキング参加中★
   納豆は付属のタレのみ!の方も
    卵混ぜるわ!!って方もポチリ↓
 
   にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
ニックネーム りえ at 10:36| Comment(11) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

何てったってバムセ〜♪

 64-1.jpg



今日はバムセの排泄行為について検証しようと思います。



トイレトレー以外で用を足せなかったバムセも今ではすっかり
散歩時に大も小も出来る様に。

しかし、彼女の排泄行為はどうも一風変わっているのです。




 74-2.jpg



どんな点がヘンテコかというと・・・


@臭いを嗅いだりくるくるしたり、という“前作業”が無い。

A極力さりげなく、短時間で速やかに行っている。

B大の後は必ず驚いたご様子でダッシュ。

C大も小もアスファルトでの確率高し。



ざっとこんな感じです。





 74-3.jpg



@“前作業”が無い

実家のわんこや他のわんこの排泄の様子を観察すると(変態)
必ずベストポジションを探るべく臭い嗅ぎに勤しんでます。
しかしバムセにはその行動が見られず
歩行中、突如おもむろに排泄ポーズ。


そこで飼い主は考えます。
『可愛い我が子よ、ソレはどういった心理から来る行動なのか?』と。



A・・・『排泄?そんなのしないわ!だってアイドルだから!』
     というプロ意識から生理的欲求さえも浸隠し。


B・・・『思い立ったが吉日!!』精神でポジションなんてお構いなし。



選択肢は二つです。
検証を続けましょう。
     




 74-4.jpg




Aさりげなく、速やかに。



何の前触れもなく突如排泄ポーズを取った後は
排泄行為自体もさり気なく行います。
それはもう、流れるようなスムーズさ。
歩く速度こそ多少落ちるものの、ガニマタで歩き続け・・排泄。
何食わぬ顔が彷彿とさせるのはまさに“白鳥”。
優雅に飛び立つ白鳥も水面下では必死に足をバタつかせますが
バムセの排泄行為もコレに匹敵。
“犬界の白鳥”と言われても過言では無いのです。


そこで飼い主は気付きます。


Aの行為を検証し終えたこの段階で既にバムセの心理状況が
A.Bの二択から消去法で一つに絞られた、と。











バムセはアイドルなんだ。







 74-5.jpg




『だってアイドルだもん♪』
といくら頑なに生理的欲求を否定しても出るときゃ出るもの。
しかし最後までソレを認めず貫き通すが故に
B脱糞後は驚き、ダッシュ
なんでしょうね。
その様子、表情からは
『何コレ?私がしたの?!違うわよねっ???』
という困惑が読み取れます。

身も心も完璧なアイドル・・・
こりん星人ゆうこりんも真っ青なバムこりん。




 74-6.jpg




でもね、バムこりん。
アイドルを貫き通すのは大事だと思うケド
Cアスファルトにポトリ
作戦で私の足もとにブツを落とし
あたかも飼い主の仕業・・みたく仕向けるのはどうかと思うわ。

拾ってる私を『あーあ。やっちゃった。』みたいな顔で
遠くから眺めるのは酷いと思うの。

それが小ならわざわざその場へ戻って
『アレ?これなにかしら??』なんて臭いを嗅ぐけどアレも作戦?



女としてちょっとは見習おうかしら・・と思うりえでしたー。




 ★ランキング参加中★

  フリルの似合わない筋肉質アイドル(新感覚?)
       バムこりんにポチッと↓
             にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ



 
ニックネーム りえ at 13:14| Comment(14) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

安息日

 72-5.jpg




土曜日、日曜日はバムセと家での〜んびり。

昼寝して、起きて、おもちゃで遊んで・・・を繰り返す私達。

だけど平日の日中は、ほぼ寝っぱなしのバムセにとって

このパターンはいたく重労働らしいのです。



私がおもちゃで誘ってもイマイチ乗りが悪く遊びが長続きしません。

すぐにまた眠りの国へ旅立ち、私は仕方なしにDVD鑑賞。





 72-6.jpg




観ていたのは海外ドラマ。

観終わってもまだまだ寝続けるバムセ。

それでは2本目を・・・と立ち上がりDVDを入れ替えようとすると

『どこいくの?!あたしにくっついてなさいよ!』とムクリ。

バムセの目が覚め、嬉しさ一杯の私はまたまたおもちゃを用意します。


だけどやっぱりまた・・・・。





 72-4.jpg




そんなパターンを何度か繰り返し夜を迎えます。

日中の重労働で夜もpm7:00頃からぼんやり〜なバムセ。


またまた遊んでくれません・・・。

日中ゴロゴロした事で満タンになった私の充電は

どこで発散すれば良いのやら・・・。






 72-3.jpg




どうやらバムセにとっての“安息日”は平日。

今日からまた金曜日までしっかり充電し

週末の重労働に備えて欲しいものですね。





 72-1.jpg




今週末はたくさん遊んで貰えますように・・・!






 ★ランキング参加中★
 我が家の眠り姫にポチッと↓

        にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
ニックネーム りえ at 11:21| Comment(18) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

恋せよ乙女!

男の人(人間限定)に目が無いバムセ。
散歩中でもカフェでもとにかく男の人に猛烈アピールしまくりです。




 626-1.jpg
  むむ・・・メンズの匂い・・。



続きを読む
ニックネーム りえ at 15:39| Comment(10) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

ハレてもケの日。

土曜日、日曜日はバムセとのんびり過ごそうと思い、予定は入れず
金曜の夜にNEWおもちゃ、“ワンダーボール”まで購入。

『コレさえあれば雨が降っても室内でバムと遊びまくり〜♪』
とウッキウキで迎えるは土曜。
しかし飼い主の気合も虚しくバムセは何だかテンション低・・・。

ワンダーボールへの反応は“過剰にビビる”or“過剰に興奮”を
予想してた飼い主としてはバムの地味〜な反応
『ちょっとじゃれて・・・様子見て・・・』にちとガッカリ。
ならば他のおもちゃで・・・と遊びに誘いますがバムセの反応は



 624-4.jpg
   そういう気分ぢゃないの・・・。



続きを読む
ニックネーム りえ at 15:01| Comment(21) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

我思う、故に我あり。

  何とも不条理な世の中、と思う。
 620-8.jpg










続きを読む
ニックネーム りえ at 17:24| Comment(6) | bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする